関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 東京丸の内キャンパス > 2009年のニュース > 丸の内講座特別プログラムのお知らせ◆国際シンポジウム「災害復興と国際連携」(10/19)

丸の内講座特別プログラムのお知らせ◆国際シンポジウム「災害復興と国際連携」(10/19)

  •         

[ 編集者:東京丸の内キャンパス   2009年9月26日 更新  ]

国際シンポジウム「災害復興と国際連携」~国境越えるパートナーシップをめざして~
地震・津波だけでなく、気候温暖化や経済開発に伴う自然破壊により、私たちの地球は災害多発時代を迎えています。阪神・淡路大震災、米国のハリケーン・カトリーナなど都市型災害は産業活動や金融のグローバル化に伴い被害も巨大化・広域化の一途をたどっています。一方で、大規模な災害の被害は発展途上国に集中しています。災害救援・災害復興において国境、民族、文化を超えた連携をどのように構築していくべきでしょうか。大学や研究機関は、どのような役割を果たすべきでしょうか。政府レベル、地域レベル、あるいは各級機関レベルで今後、災害に立ち向かうために連携体制をどう構築していくかについて中国、台湾、そして米国の知の最前線にいる日本に理解の深い研究者・実務者が実際の被災体験を踏まえて話し合います。

日 程: 2009年10月19日(月)
時 間: 13:15~17:00
会 場: 東京ステーションコンファレンス(丸の内)サピアタワー5F
定 員: 80名
受講料: 無料
使用言語: 日本語・英語(同時通訳あり)
主 催: 関西学院大学・関西学院大学災害復興制度研究所詳細はこちらからhttp://www.fukkou.net/

<お申込み・お問合せ>
●関西学院大学特別プログラム事務局受付期間9/4~10/31
Tel. 03-5651-8875 Fax. 03-3666-9800
(受付時間:月~金10:00~18:00)


このページの先頭に戻る