理念・目的・3つのポリシー

理念

自然科学の基本原理とその応用について教育と研究を行い、自然科学・科学技術と建学の精神であるキリスト教主義を基盤において再生・共生型社会の構築に貢献すること。



目的

物質科学、電気電子工学、情報科学、人間・機械系の各専攻分野の基礎に根ざした深い知識と、それを複雑化・多様化する社会における課題解決に応用する能力を備えた学生を養成するとともに、現代社会が抱える諸問題の解決に結びつく研究成果を挙げることをもって、社会に貢献すること。



3つのポリシー

■学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

関西学院は、キリスト教主義に基づく全人教育によって「“Mastery for Service”を体現する世界市民」を育成することを使命としており、その実現に向けて、全ての学生が卒業時に学部の区別なく共通に身につけるべき知識・能力・資質を「Kwanseiコンピテンシー」と定め、この獲得を念頭において、工学部の理念の下、工学部各課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を以下のとおり定める。

【物質工学課程】

物質工学課程は、原子、分子から固体までの多様なスケールにおける物質科学の基礎となる数学・物理学・化学を身につけた上で、物質工学課程のカリキュラムを通してグリーンイノベーションで必須の3つの分野、すなわち、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」に関わる深い専門性と応用力、さらには、超スマート社会におけるグリーンイノベーションに関する知識や他領域を含む幅広い知識を身につけ、持続可能な社会の実現に向けた課題に新たな視点から取組むことのできる人材を養成する。
よって、以下のような知識と能力を有する学生に「学士(工学)」の学位を授与する。

1.[関心・意欲・態度]自律的な態度と社会に貢献しようとする姿勢

(1)自らを律する強さと高い倫理観をもち、他者と協力してよりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
(2)自然科学・科学技術と社会、文化、人間との関係に深い関心を抱き、自然科学・科学技術の発展を通じて、人類の進歩に貢献しようとする意欲をもっている。

2. [知識・理解]幅広い知識と深い専門性

(1)社会、文化、人間、自然科学・科学技術についての幅広い知識と、多角的な視点を身につけている。
(2)物質工学課程の分野における基礎知識を体系的・構造的に理解している。
(3)物質工学課程の分野における基礎的な技能を修得している。
(4)基礎知識や基礎的な技能を応用するための知識及び柔軟な思考力を有している。
(5)社会、文化、人間等との様々な関係において、専門分野の学問的・技術的発展がもつ意義を理解している。

3. [技能・表現]実践的な学習技能とコミュニケーション力

(1)論理的思考力、情報収集力、データ分析力、表現力及びコンピュータとネットワークを活用する能力を身につけている。
(2)日本語及び英語によって、コミュニケーションできる力を身につけている。

4. [思考・判断]課題解決のための総合的思考・判断力

(1)現代社会における問題に取組むための、課題発見力、創造的思考力及び課題解決能力を身につけている。



【電気電子応用工学課程】

電気電子応用工学課程は、グリーンイノベーションの基盤となる、省電力エレクトロニクスの分野において、基礎から応用までの幅広い知識と深い専門性、他領域を含む幅広い知識を身につけ、学修した専門知識・技能を実社会での課題解決に応用し得る柔軟な思考力を併せもつ人材を養成する。
よって、以下のような知識と能力を有する学生に「学士(工学)」の学位を授与する。

1. [関心・意欲・態度]自律的な態度と社会に貢献しようとする姿勢

(1)自らを律する強さと高い倫理観をもち、他者と協力してよりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
(2)自然科学・科学技術と社会、文化、人間との関係に深い関心を抱き、自然科学・科学技術の発展を通じて、人類の進歩に貢献しようとする意欲をもっている。

2. [知識・理解]幅広い知識と深い専門性

(1)社会、文化、人間、自然科学・科学技術についての幅広い知識と、多角的な視点を身につけている。
(2)電気電子応用工学課程における基礎知識を体系的・構造的に理解している。
(3)電気電子応用工学課程における基礎的な技能を修得している。
(4)基礎知識や基礎的な技能を応用するための知識及び柔軟な思考力を有している。
(5)社会、文化、人間等との様々な関係において、専門分野の学問的・技術的発展がもつ意義を理解している。

3. [技能・表現]実践的な学習技能とコミュニケーション力

(1)論理的思考力、情報収集力、データ分析力、表現力及びコンピュータとネットワークを活用する能力を身につけている。
(2)日本語及び英語によって、コミュニケーションできる力を身につけている。

4. [思考・判断]課題解決のための総合的思考・判断力

(1)現代社会における問題に取組むための、課題発見力、創造的思考力及び課題解決能力を身につけている。



【情報工学課程】

情報工学課程は、情報技術に関する専門知識とプログラミングの能力を有し、IoTやAI、ヒューマンインタフェース、感性工学等、最先端の情報技術を修得し、さらにその上に他領域を含む幅広い知識と深い思考力を身につけた人材を養成する。
よって、以下のような知識と能力を有する学生に「学士(工学)」の学位を授与する。

1. [関心・意欲・態度]自律的な態度と社会に貢献しようとする姿勢

(1)自らを律する強さと高い倫理観をもち、他者と協力してよりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
(2)自然科学・科学技術と社会、文化、人間との関係に深い関心を抱き、自然科学・科学技術の発展を通じて、人類の進歩に貢献しようとする意欲をもっている。

2. [知識・理解]幅広い知識と深い専門性

(1)社会、文化、人間、自然科学・科学技術についての幅広い知識と、多角的な視点を身につけている。
(2)情報工学課程における基礎知識を体系的・構造的に理解している。
(3)情報工学課程における基礎的な技能を修得している。
(4)基礎知識や基礎的な技能を応用するための知識及び柔軟な思考力を有している。
(5)社会、文化、人間等との様々な関係において、専門分野の学問的・技術的発展がもつ意義を理解している。

3. [技能・表現]実践的な学習技能とコミュニケーション力

(1)論理的思考力、情報収集力、データ分析力、表現力及びコンピュータとネットワークを活用する能力を身につけている。
(2)日本語及び英語によって、コミュニケーションできる力を身につけている。

4. [思考・判断]課題解決のための総合的思考・判断力

(1)現代社会における問題に取組むための、課題発見力、創造的思考力及び課題解決能力を身につけている。



【知能・機械工学課程】

知能・機械工学課程は、機械工学と人工知能のいずれを学ぶ際にもその土台となる数学的な素養を備えた上に、機械系力学や制御工学、ロボティクス等の機械工学に関する専門知識と、センシングや機械学習、データサイエンス等の人工知能に関わる専門知識の両方を修得し、さらにその上に他領域を含む幅広い知識と深い思考力を身につけることで、これからの社会に求められる高度で多彩な機械化・知能化技術を開発できるとともに、それを通じて新たな産業の創出にも貢献できるような創造性豊かな人材を養成する。
よって、以下のような知識と能力を有する学生に「学士(工学)」の学位を授与する。

1. [関心・意欲・態度]自律的な態度と社会に貢献しようとする姿勢

(1)自らを律する強さと高い倫理観をもち、他者と協力してよりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
(2)自然科学・科学技術と社会、文化、人間との関係に深い関心を抱き、自然科学・科学技術の発展を通じて、人類の進歩に貢献しようとする意欲をもっている。

2. [知識・理解]幅広い知識と深い専門性

(1)社会、文化、人間、自然科学・科学技術についての幅広い知識と、多角的な視点を身につけている。
(2)知能・機械工学課程における基礎知識を体系的・構造的に理解している。
(3)知能・機械工学課程における基礎的な技能を修得している。
(4)基礎知識や基礎的な技能を応用するための知識及び柔軟な思考力を有している。
(5)社会、文化、人間等との様々な関係において、専門分野の学問的・技術的発展がもつ意義を理解している。

3. [技能・表現]実践的な学習技能とコミュニケーション力

(1)論理的思考力、情報収集力、データ分析力、表現力及びコンピュータとネットワークを活用する能力を身につけている。
(2)日本語及び英語によって、コミュニケーションできる力を身につけている。

4. [思考・判断]課題解決のための総合的思考・判断力

(1)現代社会における問題に取組むための、課題発見力、創造的思考力及び課題解決能力を身につけている。


 

■教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

各課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえ、各課程の教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)を以下のように定める。

[総合教育科目](4課程共通) 

「キリスト教科目」
初年次に配当し、本学の建学の精神であるキリスト教主義に基づく人間形成によって、自らを律する強さ、倫理観、他者との協調性等の基本的な態度を身につけさせる。

「英語教育科目」
自然科学・科学技術分野における共通言語である英語を低学年次に配当する。自ら情報発信できるよう、総合的な英語コミュニケーション能力を修得させる。

「総合選択科目」
社会、文化、人間について、幅広い教養と視野を身につけさせる。

【物質工学課程】 

物質工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえ、「学士(工学)」を授与するにあたり必要とされる知識・技能を体系的に修得できるよう教育課程を編成する。本課程における授業科目を、総合教育科目と専門教育科目に大別する。総合教育科目はキリスト教科目、英語教育科目、総合選択科目にて構成し、専門教育科目は必修科目、基礎科目〈数学系、物理系、化学系〉、実験科目、発展科目、先端科目、専門選択科目、他領域科目にて構成する。各科目群については物質工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に沿う形で以下の方針をもって実施する。

[専門教育科目]

「必修科目」
本課程に必須となる基礎知識を1年次に、後述の「基礎科目」「実験科目」で修得した基礎的な知識・技術を基に卒業研究の自立的推進能力を養う科目を3年次に修得させる。卒業研究に関わる科目を4年次に配当し、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」の各分野の学問的・技術的発展が社会、文化、人間等との様々な関連においてもつ意味を理解させた上で、取組むための課題を発見させ、これまでに培ったコミュニケーション力・知識・技能を用いて課題解決に向けて意欲的に取組ませることにより、現代社会における問題解決力を修得させる。

「基礎科目」
「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」の各分野において必須の数学系、物理系、化学系の基礎知識を、講義等を通じて修得させる。

「実験科目」
「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」の各分野において必要となる基礎的な技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実験を通じて修得させる。

「発展科目」
基礎知識や基礎的な技能を応用するために必要なコンピュータ活用や基礎科目で学修した科目の発展的内容、実践的な知識について講義等を通じて修得させる。

「先端科目」
3年次に配当し、本課程の学生が基礎知識や基礎的な技能の理解を深め、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」の各分野の特定の目的に対して応用するための高度な知識について講義を通じて修得させる。

「専門選択科目」
「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」について、掘り下げた内容の知識と視野を養成し、各分野の伸展となる知識を修得させる。

「他領域科目」
特定の分野に閉じこもらず、多彩な知識と視野を身につけさせるため、自然科学・科学技術等について、幅広い教養と視野を養成し、高度に多様化する科学技術やグローバル化する社会に対応できる知識・能力を修得させる。



【電気電子応用工学課程】 

電気電子応用工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえ、「学士(工学)」を授与するにあたり必要とされる知識・技能を体系的に修得できるよう教育課程を編成する。本課程における授業科目を、総合教育科目と専門教育科目に大別する。総合教育科目はキリスト教科目、英語教育科目、総合選択科目にて構成し、専門教育科目は、必修科目、基礎科目、実験科目、発展科目、先端科目、専門選択科目、他領域科目にて構成する。
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)で述べたように、電気電子応用工学課程は、我が国のグリーンイノベーションに資する人材育成をめざす。理工学部時代から培ってきた物性物理学・電子工学の教育研究を異分野融合・連携の形で新課程に展開し、今後迎える新しいエネルギー社会に貢献し得る人材を輩出することを目的とする。
カリキュラムの基本的な考え方としては、省電力パワーエレクトロニクスを支える、素材・デバイス分野と回路・システム分野の2つの分野に関わる学術を、モビリティーの電動化等、具体的な応用先を想定して、基礎から応用まで幅広く学ばせる。各授業科目は、1つの分野に偏ることなく、また、それぞれの分野の関係性を意識して、構成・配置されている。さらに、これらの講義科目に加えて、「電気電子ものづくり実験」、そして電気電子工学の基盤となる計測技術に関わる「電気電子計測実験」等の実験科目を開講し、省電力パワーエレクトロニクスの要素技術を体験的に受講できるようにする。
工学のための理学をよりよく理解し、実社会からの要請に対応できる基礎力を身につけるだけでなく、身につけた基礎力を発展させ、新しい素材・プロセス・デバイス・システムを創造できるような、複数分野にまたがる、あるいは境界分野で活躍できる研究者・技術者を育成する。

[専門教育科目]

「必修科目」
本課程に必須となる基礎知識を1年次に、卒業研究の自立的推進能力を養う科目を3年次に修得させる。卒業研究に関わる科目を4年次に配当し、素材・デバイス分野、回路・システム分野の学問的・技術的発展が社会、文化、人間等との様々な関連においてもつ意味を理解させた上で、取組むための課題を発見させ、これまでに培ったコミュニケーション力・知識・技能を用いて課題解決に向けて意欲的に取組ませることにより、現代社会における問題解決力を修得させる。

「基礎科目」
素材・デバイス分野、回路・システム分野における数学、物理学等の基礎知識を講義等を通じて修得させる。

「実験科目」
素材・デバイス分野、回路・システム分野において必要となる基礎的な技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実験を通じて修得させる。

「発展科目」
基礎知識や基礎的な技能を応用するために必要なコンピュータ活用や基礎科目で学修した科目の発展的内容、実践的な知識について講義等を通じて修得させる。

「先端科目」
3年次に配当し、基礎知識や基礎的な技能の理解を深め、省電力パワーエレクトロニクスの分野の特定の目的に対して応用するための知識について講義を通じて修得させる。

「専門選択科目」
素材・デバイス分野、回路・システム分野の自然科学の基礎や「ものづくり」技術の共通基盤等についての知識と視野を養成し、各分野の伸展となる知識を修得させる。

「他領域科目」
特定の分野に閉じこもらず、多彩な知識と視野を身につけさせるため、自然科学・科学技術等について、幅広い教養と視野を養成し、高度に多様化する科学技術やグローバル化する社会に対応できる知識・能力を修得させる。



【情報工学課程】 

情報工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえ、「学士(工学)」を授与するにあたり必要とされる知識・技能を体系的に修得できるよう教育課程を編成する。本課程における授業科目を、総合教育科目と専門教育科目に大別する。総合教育科目はキリスト教科目、英語教育科目、総合選択科目にて構成し、専門教育科目は必修科目、情報工学実習科目、知能・機械工学実習・実験科目、基礎科目、発展科目、専門選択科目、他領域科目にて構成する。各科目群については情報工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に沿う形で以下の方針をもって実施する。

[専門教育科目]

「必修科目」
本課程に必須となる基礎的な知識と技能を講義と演習、実験・実習を通じて修得させる。卒業研究に関連する科目を4年次に配当し、各専攻分野の学問的・技術的発展が社会、文化、人間等との様々な関連においてもつ意味を理解させた上で、取組むための課題を発見させ、これまでに培った知識、技能、コミュニケーション力を用いて課題解決に向けて意欲的に取組ませることにより、現代社会における問題解決力を修得させる。

「情報工学実習科目」
情報工学における基礎的な技能、コンピュータを活用する技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実習を通じて修得させる。

「知能・機械工学実習・実験科目」
人間・機械系分野における基礎的な技能、コンピュータを活用する技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実験・実習を通じて修得させる。

「基礎科目」
主に1年次、2年次に配当し、情報科学分野における基礎知識を講義等を通じて修得させる。

「発展科目」
2年次、3年次に配当し、基礎知識や基礎的な技能を応用するための知識を講義を通じて修得させる。

「専門選択科目」
人間・機械系分野における基礎知識や基礎的な技能を修得させ、知識と技能を伸展させる。

「他領域科目」
特定の分野に閉じこもらず、多彩な知識と視野を身につけさせるため、自然科学・科学技術等について、幅広い教養と視野を養成し、高度に多様化する科学技術やグローバル化する社会に対応できる知識・能力を修得させる。



【知能・機械工学課程】 

知能・機械工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえ、「学士(工学)」を授与するにあたり必要とされる知識・技能を体系的に修得できるよう教育課程を編成する。本課程における授業科目を、総合教育科目と専門教育科目に大別する。総合教育科目はキリスト教科目、英語教育科目、総合選択科目にて構成し、専門教育科目は必修科目、知能・機械工学実習・実験科目、情報工学実習科目、基礎科目、発展科目、専門選択科目、他領域科目にて構成する。各科目群については知能・機械工学課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に沿う形で以下の方針をもって実施する。

[専門教育科目]

「必修科目」
機械工学と人工知能のいずれを学ぶ上でもその土台となる数学的素養、機械工学と人工知能それぞれの専門分野に関する基礎的な知識・技能、近年の情報化社会の基盤技術として各種の機械システムとも関連を深めつつある情報技術の中核となるプログラミングの基本的な技能の3つを、講義と演習、実験・実習を通じて体系的に修得させる。専門的知識・技能の修得を終えた4年次に、学んだ知識・技能を用いた課題解決型の演習等を実施することにより、自らのもつ知識・技能を応用するための柔軟な思考力を養成するとともに、これからの社会において機械工学や人工知能の学問的・技術的発展がもつ意義についても考えさせ、それらを通じて人類の進歩に貢献しようとする意欲を喚起する。

「知能・機械工学実習・実験科目」
人間・機械系分野における基礎的な技能、コンピュータを活用する技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実験・実習を通じて修得させる。

「情報工学実習科目」
情報科学分野における基礎的な技能、コンピュータを活用する技能及び基礎知識を体系的・構造的に理解し論理的に思考する力を実習を通じて修得させる。

「基礎科目」
必修科目と同様、機械工学と人工知能両方の土台となる数学、機械工学と人工知能の両分野、それらと関わりの深い情報工学の3つについて、それぞれに関する専門的な知識を、対応する科目の講義等を通じてさらに充実させる。

「発展科目」
機械工学や人工知能に関するより発展的な内容の専門知識を、講義を通じて体系的に修得させるとともに、これまでに学んだ専門知識や技能を応用するための知識も併せて身につけさせる。

「専門選択科目」
情報技術に関する基礎知識及びより発展的な内容の専門的知識を、対応する講義等を通じて身につけさせるとともに、それらの情報技術を基盤とする近年の情報化社会において、機械工学や人工知能の技術を応用するための知識も併せて身につけさせる。

「他領域科目」
特定の分野に閉じこもらず、多彩な知識と視野を身につけさせるため、自然科学・科学技術等について、幅広い教養と視野を養成し、高度に多様化する科学技術やグローバル化する社会に対応できる知識を修得させる。



■学生受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、各学科の学生受入れの方針(アドミッション・ポリシー)を次のように定める。


【物質工学課程】 

物質工学課程では、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」の3つの分野に関連づけられる物質工学において、基礎に必要な数学系・物理系・化学系科目の知識を身につけた上で、課程制を活用して、電磁気学や固体電子論等の電気電子工学分野の知識や他領域科目を含む幅広い知識を身につけることで物質創製、物性評価、機能付与、デバイス応用等の応用力を修得させ、物質工学の分野における課題に対して新たな視点から取組み、持続可能な社会実現に貢献できる人材を養成することで社会に貢献することを目的としている。以上の人材養成の目的に沿って、物質工学課程では次のような入学者を求める。

①工学部及び物質工学課程の目的及び養成する人材像に賛同し、自然科学・科学技術の発展を通じて、自立的な態度をもって社会・文化・人類の発展に貢献しようとする学生
②理数系科目の十分な学力を有し、物質工学に関わる専門的知識を中心にしつつ、極端な専門性に偏らず、幅広い自然科学・科学技術分野の体系的な知識・技能を高い意欲をもって修得しようとする学生
③人文・社会系科目の基礎学力を有し、多角的な視点を意欲的に身につけようとする学生
④日本語及び英語の基礎学力を有し、その学力を基に文章読解・作成、コミュニケーション能力の向上に努める学生




【電気電子応用工学課程】 

電気電子応用工学課程では自然現象に対する好奇心と科学技術に対する探究心を有し、電気エネルギーに関わる新しい課題に挑戦する意欲と情熱を有する人材を育成しようとしている。また、幅広い知識と深い専門性に加えて、柔軟な思考力を有する人材の育成を目標としている。以上の人材養成の目的に沿って、電気電子応用工学課程では次のような学生を求める。

①工学部及び電気電子応用工学課程の目的及び養成する人物像に賛同し、電気エネルギーに関連した問題に強い関心を示し、本学の教育研究環境を積極的に活用して主体的に学び、近い将来、省電力パワーエレクトロニクスの分野で創造的役割を果たす人材へと成長していこうとする意志をもった学生
②関西学院のスクールモットーである“Mastery for Service”への共感と、本課程における学びに対する強い関心、そして、その学びを通した人間的成長への強い意欲をもった学生
③与えられた問題に対して、自分が有する知識を総合化して解を導く能力、あるいは導こうとして考え抜く力を有する学生
④日本語及び英語の基礎学力を有し、その学力を基に文章読解・作成、コミュニケーション能力の向上に努める学生




【情報工学課程】 

情報工学課程は、情報技術に関する専門知識とプログラミングの能力を有し、IoTやAI、ヒューマンインタフェース、感性工学等、最先端の情報技術及び幅広い知識を修得した人材を養成することで社会に貢献することを目的としている。以上の人材養成の目的に沿って、情報工学課程では次のような学生を求める。

①工学部及び情報工学課程の目的及び養成する人物像に賛同し、自然科学・科学技術の発展を通じて、自律的な態度をもって人類の進歩に貢献しようとする学生
②理数系科目の十分な学力を有し、情報工学に関わる専門的知識を中心に、自然科学・科学技術分野の体系的な知識・技能を高い意欲をもって修得しようとする学生
③人文・社会系科目の基礎学力を有し、多角的な視点を意欲的に身につけようとする学生
④日本語及び英語の基礎学力を有し、その学力を基に文章読解・作成、コミュニケーション能力の向上に努める学生



【知能・機械工学課程】 

知能・機械工学課程は、機械工学と人工知能の両方の分野にわたる知識と技能を身につけ、それらに基づいてこれからの社会に求められる高度に知的な機械システムの創出や、それらを活用した新たな産業の創出に貢献できる創造性に富んだ人材を養成することで社会に貢献することを目的としている。以上の人材養成の目的に沿って、知能・機械工学課程では次のような学生を求める。

①工学部及び知能・機械工学課程の目的及び養成する人材像に賛同し、機械工学・人工知能技術の発展を通じて、自律的な態度をもって社会・文化・人類の発展に貢献しようとする学生
②理数系科目の十分な学力を有し、機械工学・人工知能技術分野の体系的な知識・技能を高い意欲をもって修得しようとする学生
③人文・社会系科目の基礎学力を有し、多角的な視点を意欲的に身につけようとする学生
④日本語及び英語の基礎学力を有し、その学力を基に文章読解・作成、コミュニケーション能力の向上に努める学生