社会探究実習Ⅰ・Ⅱ(瀬戸内海・豊島環境FW)

[ 編集者:ハンズオン・ラーニングセンター       2020年9月1日   更新  ]

社会探究実習Ⅰ・Ⅱ(瀬戸内海・豊島環境FW)

こんな人にオススメ:


○フィールドワークを通して、汎用性の高いフィールドワークスキルを身に付けたい

○具体的なフィールドにおいて、普遍的な課題を考えたい

○チーム・ビルディングやチーム・マネジメントの基礎を体得したい



授業内容:

社会探究実習は、時空を超えるような問題と地域とがどのように関わっているのかを探究し、社会のあり方をより大きな文脈のなかで位置づけようとする科目です。瀬戸内海にある豊島は産廃不法投棄事件で有名になってしまいましたが、美しい棚田や児童福祉の歴史をもつ豊かな島です。近年では、瀬戸内国際芸術祭が開催され、アートの島としても注目されはじめています。約一週間にわたるフィールドワークでは、丹念なインタビューを中心として、個人テーマを追求する一方で、島の人たちから出されたテーマに対してグループで取り組みます。


科目概要:

■開講学期 春・秋学期集中

■単  位 2単位

■定  員 Ⅰ:15名 Ⅱ:5名

■履修基準年度 1年生  

■木本 浩一先生