社会探究演習Ⅰ・Ⅱ(丹波篠山・今田)

[ 編集者:ハンズオン・ラーニングセンター       2022年1月12日   更新  ]

社会探究演習Ⅰ・Ⅱ(丹波篠山・今田)

こんな人にオススメ:

○「コミュニケーション」による調査という方法を身に付けたい!

○コミュニティ・ガバナンスに関わる諸理論を学びたい

○地域コミュニティとの関わり方に関する多角的な視点を得たい



                                                        ※2021年度の説明動画です。
授業内容:

社会に直接“触れる”ことによって、そこに暮らす人びととともに、課題をみつけ、問題を設定しながら、
社会とは何かを探究していく科目です。短期間、数回に分けたフィールドワークを実施します。

今田地区(旧今田町、丹波篠山市)は、過疎や高齢化という課題を抱えつつも、利便性が悪いわけでもなく、
丹波焼や温泉、農業(黒豆)などもあり、地域は元気です。住民の方々とともに今田という地域(社会)を
探究することによって、誰がどのような形でその課題を克服していくのかというコミュニティ・ガバナンスの
あり方を追求していきます。



科目概要:

■開講学期 春・秋学期

■単  位 2単位

■定  員 Ⅰ:20名 Ⅱ:5名

■履修基準年度 1年生

■木本 浩一先生、向井 光太郎先生