平和学特別演習「ヒロシマ」

[ 編集者:ハンズオン・ラーニングセンター       2021年4月16日   更新  ]

平和学特別演習「ヒロシマ」

こんな人にオススメ:

○座学とフィールドワークから、広島への原爆投下に至る歴史的経緯、被爆の実相、広島の戦後のあゆみについての知識を得たい

○「平和」とは何かという課題について、自らの考えを持ち、発信したい


授業内容:

2004年より本学と関係の深い広島女学院大学の全面的協力を得て、実施している平和学習プログラムです。現地実習では広島女学院大学の学生と、被ばく者/語り部の方から当時の体験談を聞き、8月6日の平和記念式典へ参列します。また、グループごとのテーマに沿って、実際に広島市街でフィールドワークを実施します。国内外からの旅行者や参拝者へのヒアリング調査や、資料館見学から平和について探究し、最終日にはグループごとにプレゼンテーションを行います。大学での事前学修と現地での実習を通し、改めて「平和とは何か」「自分自身が平和とどうかかわっていくか」について深く考え、学ぶ機会を提供しています。


科目概要:

■開講学期 春学期集中

■単  位 2単位

■定  員 25名

■履修基準年度 1年生

■澤村 雅史先生