企業・行政(地域)等との連携科目

[ 編集者:ハンズオン・ラーニングセンター       2017年8月3日   更新  ]

課題解決・企画提案型のプロジェクト学習科目及び実践型のインターンシップ科目を企業や行政(地域)等の協力を得て提供しています。

OB・OGの方々を交えてのグループワーク

OB・OGの方々を交えてのグループワーク

キャリアゼミA・B・C

 社会の第一線で活躍している経営者、本学OBOGや企業に協力いただき、グループワークやプレゼンテーションを通じて、社会を生き抜くための実践力を鍛えるため、以下の3種類の科目を提供しています。

 :社会人OBOGとのセッションやビジネスプラン作成ワーク等を通じて、
   「社会で生き抜く力」を学びます。また、卒業後のキャリアを見据えて、
   学生生活を如何に過ごすかを考える導入的な位置づけの科目です。

 :「世界トップシェアを取るには?」「当社だからできるビジネスとは?」など、
   大手企業のリアルな経営課題にチームで挑む課題解決プロジェクト型科目です。

 :リーダーシップに関する講義&ワーク、トップ企業の経営者とのセッション、
   成長企業への訪問取材・プレゼンを通じて、リーダーシップや経営戦略を学びつつ、
   アクレッシブな行動力を養う科目です。

霞が関セミナー

 中央省庁で働く現役官僚の方々を講師に迎え、日本の行政や国家公務員の仕事・役割について学ぶセミナーです。

 仕事の内容や求められる人材像などを聞き、将来を見据えた学生生活のプランを描く機会を提供しています。

PBL特別演習002/003(JETRO×産業研究所連携講座)

 日本貿易振興機構(JETRO)と本学の産業研究所の連携講座です。春学期(002)では「関西企業(サービス産業)の海外進出」、秋学期(003)では「欧州企業の海外(日本)進出」をテーマに、候補企業の探索・検討、海外進出の事業計画作成・発表等を行います。

PBL特別演習004(富士ゼロックス兵庫㈱「志プロジェクト」)

 学生が実社会における生きた経営学を学ぶ場を提供することを目的に、富士ゼロックス㈱が全国展開している大学と企業を結ぶ地域人材育成プロジェクト科目です。

 授業では、学生が実際に企業を訪問し、経営者や社員から経営理念や業務についてインタビューしたり、企業分析や調査を行い、学生目線の会社案内を企画・作成し、企業に対して発表します。

ハンズオン・インターンシップ実習

 夏休みや春休みの約1ケ月(4週間以上6週間程度)、受入先の企業や団体で実際に働きながら、企業や団体(地域)が抱える各種課題の解決に取り組む課題解決型・企画提案型の実践的なインターンシッププログラムです。

 以下は、2017年夏に学生が派遣された/派遣を予定している地域の受入先企業や団体等でのプロジェクトの一例です。

石川・能登
老舗お茶屋のWebショップ商品コンテンツの充実に向けたWebマーケ・プロモーション、老舗温泉旅館でのインバウンド需要受入体制整備プロジェクト、農家民宿のある集落での民泊受入体制調査や親子向けモニターツアー企画プロジェクト、能登の魚醤“いしり”を伝える食事処の黒字化プロジェクト、地域密着型コワーキングスペースの活性化プロジェクトなど

大阪・尼崎
清掃業を営む企業で子供向け「お掃除塾」の新規企画・運営プロジェクト、尼崎企業の『ワザ』に着目した『ワザカタログ』サイトの企画・企業調査、老舗和菓子屋のリブランドプロジェクト、カートリッジフィルターメーカーの商品や社員の魅力発信プロジェクト、「美と健康に貢献」が理念の未来型銭湯での新たな価値・顧客創出プロジェクト、地域情報サイトを運営するコンサル会社での地域資源発掘・発信プロジェクトなど

岡山・笠岡
空き家を活用した新規事業立ち上げ、まちづくり協議会で地域資源発掘など