遺贈による寄付

[ 2019年3月5日 更新  ]

遺贈による寄付制度を利用して、財産の一部または全部の受取人として関西学院を指定することができます。また、不動産・株式などの現物による遺贈のご相談も承っております。
本制度についてご関心のある方は、ぜひ関西学院校友課までお気軽にご連絡ください。本学が提携している銀行および法律事務所等を紹介させていただきます。提携銀行・法律事務所では、遺贈を含む遺言状の作成に関するご相談、遺言作成のための協力、遺言状の保管・管理および遺言書の執行までを一貫して引き受けていただきます。  
ぜひとも本制度へのご理解とご活用を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

お手続きの流れ(例)

関西学院へ遺贈によるご寄付をお考えの方
 

相談
 
関西学院
提携銀行(三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行、りそな銀行)をご紹介します。
※本学を経由せず、直接、お問い合わせいただくことも可能です。
 

提携銀行にご相談
寄付(遺贈)を含む遺言書作成に関するご相談をお受けします。
 
遺言書作成
提携銀行を利用し、遺言書を作成します。

遺言書の保管と管理
提携銀行が遺言書の保管と管理を行います。

遺言執行
ご逝去の通知を受け次第、遺言の内容を執行します。
 

関西学院へのご寄付
※関西学院に遺贈した財産は相続税の対象外になります。