総合支援センター

2011年4月、関西学院大学では学生活動支援機構に、困りごとのある学生のためのワンストップサービスの提供を目指す総合支援センターを設置いたしました。

総合支援センターには、障がいのある学生の修学支援を担うキャンパス自立支援室と、様々な学生のメンタルヘルスケアを担う学生支援相談室の2つの専門窓口があります。それぞれの窓口が連携をとりながら、さらに大学内外の関係部署・機関と協力しながら、全学体制での支援を行っています。それぞれの窓口には専門スタッフがおり、みなさまとともに課題解決に臨みます。(総合支援センター規程をご参照ください)

キャンパス自立支援室、学生支援相談室の詳細については、下記のリンクからご覧ください。

なお、関西学院大学では、障がい学生が誰しも等しく教育を受けられる環境・体制を整え、個々のニーズにあった支援を提供するために、支援に関する基本方針・実施基準を定めています。(内容の詳細は、それぞれのファイルをご覧ください)

※世界保健機関(WHO)の「国際疾病分類(ICD)」が改訂され、性同一性障害が精神疾患から外れることになりました。(改訂版ICD-11は2022年1月1日発効)
本学の障がい学生支援実施基準(ガイドライン)における性同一性障害の記載および取り扱いについては、学内で調整中です。何卒ご了承ください。