新国際教育寮「有光寮」2022年3月開寮予定

2022年3月に関西学院大学の新たな混住型の国際教育寮「有光寮」を開寮予定です。
関西学院大学の学生から採用されるRA(※)と世界中から集まる外国人留学生がともに生活する中で、国籍・文化・宗教・習慣・考え方など多様な価値観を学び、相互の理解を深め、成長する場となります。
本学では既に4つの国際学生レジデンスを設けていますが、さらに国際教育に力を入れた寮を創設することにより、本学のさらなる国際化を推進してまいります。

国際教育寮「有光寮」

※RA(レジデント・アシスタント)とは、留学生の生活サポートや学生間の交流促進の役割を担う関学生です。

国際交流を推進する空間

コミュニティースペースとなる1階には、国際交流イベントを開催できる幅広いスペースをはじめ、キッチン、シアタールーム、ミーティングルーム等を設けています。様々なイベントや生活を通じて、学生が相互に交流する機会を創出します。
また、居住スペースとなる2階から4階には、各階にラウンジがあり、自室を出ればいつでも交流できる場を設けています。
これらの共有スペースには、アットホームなカフェをイメージした家具を設置し、居心地の良い空間をデザインしています。

寮内の国際教育(予定)

関西学院大学での様々な正課・正課外教育や部活動等を通じた学びに加えて、充実した寮内の国際教育を通じて、日常的に日本人学生と外国人留学生の相互成長を促進し、本学が定めるKwanseiコンピテンシー(卒業段階で身に付けておくべき知識・能力・資質)を醸成します。
外国人留学生との共同生活を通じて、異文化理解力・コミュニケーションスキル・語学力等を培うことができます。また、寮内での国際教育の一環として、本学の教員によるミニ講義や部活動、学生団体等と協力した日本文化体験イベント、留学生の生活サポートや交流促進の役割を担うRA(レジデント・アシスタント)が企画する毎月開催のイベント、本学のOB・OGを招いたキャリア教育イベントの開催等、多様な学生に向けた国際教育を展開していきます。
これらの教育的なイベント等は、隣接する本学の2寮の学生も参加可能とし、学生が身近にグローバルな体験ができるエリアへと発展させていくことを計画しています。

国際教育寮「有光寮」
留学生と本学学生の交流イメージ

基本情報

部屋数:83部屋(81部屋、身障者用2部屋)
居住スタイル:男女混住
居住者:関西学院大学の学生(正規留学生、RA)、及び海外協定大学からの留学生
    ※有光寮に居住できる関学生は、留学生の生活サポートや学生間の交流促進を行うRAのみです。
入居期間:最大2年間
居室:すべて個室
1階コミュニティースペース:FUJITA GLOBAL COMMONS(プロジェクター、スクリーン、音響設備等を設けた、幅広い学習スペース)、Residential Lounge(大型テレビ、2台のキッチンや冷蔵庫等を備えたリビングスペース)、シアタールーム、ミーティングルーム、バリアフリールーム、多目的室等
2~4階居住スペースの共有設備:ラウンジ(キッチン、冷蔵庫、ソファ、テレビ等を備えたリビングスペース)、トイレ、シャワー、洗濯室等
管理人:常駐

国際教育寮「有光寮」

寮費

月額59,000円 ※光熱費、共益費等含む定額
入寮費20,000円、自治費500円/月(予定)

場所

西宮上ケ原キャンパスから徒歩約10分
西宮聖和キャンパスから徒歩約4分

RAについて

RAとは、留学生の生活サポートや学生間の交流促進を行う学生のことです。
詳細は下記リンクにてご確認ください。

関西学院大学 国際教育・協力センター「レジデント・アシスタント(RA)」関連ページへのリンク

お問い合わせ先

関西学院大学 国際連携機構事務部(国際寮担当) ℡:0798-51-0952