聖和短期大学 OPEN CAMPUS AO入試ガイド 関西学院大学指定校編入学制度 キャリアアッププログラム 聖和キャンパス図書館 聖和短期大学 所蔵図書・資料書誌検索 おもちゃとえほんのへや 所蔵図書・資料書誌検索 情報の公表 自己点検・評価関連 公的研究費の不正防止に関する取組
2018.6.21 関西学院グリークラブ Chapel Concert
本日の礼拝では、関西学院グリークラブのみなさんをお迎えして、
チャペルコンサートを行いました。
関西学院グリークラブは1889年に創立された日本最古の男声合唱団です。
昨年度の全日本合唱コンクール全国大会では
8年連続金賞及び日本放送協会賞を受賞しております。
そんな経歴をお持ちのグリークラブの合唱は、
素敵なハーモーニーで聞いている学生たちの心を感動させる歌声でした。
また、グリークラブ 部長の林さんの司会はとても面白く、
すごく楽しい時間を過ごすことが出来ました。
グリークラブのみなさんの歌声をまた次回聞けるのを楽しみにしています。
関西学院グリークラブ

関西学院グリークラブ&保育科1年生

保育フェア開催(2018.6.10)
オープンキャンパスと同日、聖和キャンパスにて学内保育フェアを開催しました。
西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、神戸市から約140園に参加いただき、2年生中心に大盛況となりました。
保育フェア看板

保育フェア

保育フェア

オープンキャンパスPart3(2018.6.10)
本日最後のプログラム「公募推薦入試対策講座【ピアノ】」が終了しました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
次回オープンキャンパスは、8/4(土)開催になります。
ぜひ、お越しください!
公募推薦対策(ピアノ)

オープンキャンパスPart2(2018.6.10)
本日は、キャンパスツアーや体験コーナー(赤ちゃんふれあい体験、美術、おもちゃとえほんのへや)等のプログラムが常時開催されています。
キャンパスツアー受付

赤ちゃんふれあい体験

美術

オープンキャンパスPart1(2018.6.10)
今年度第1回のオープンキャンパスが始まりました。
心配していたお天気も何とかもっています。
午前中はオープニングイベント、学科紹介、ミニ講義等のプログラムが開催されています。
山川記念館

受付

オープニングイベント

ミニ講義「ピアノステップアップ講座」

ミニ講義「保育」

ペンテコステ礼拝(2018.6.7)
本日は、ペンテコステ礼拝を実施しました。
ゲストに来て頂いたのは、水野隆一先生。(関西学院大学神学部教授)
水野先生のお話の中でとても印象的であったのは、
私たちが生きるためにしている息は、神様から与えられて、
私たちが息をして、また神様へ戻っていくというお話。
忙しさの中で身体や心が疲れていたり、信頼を傷つけられたり、
いろんなことがある中で自分一人ではなく、神様も見てくれている。
そんなことが感じられる、心をほっとすることができる礼拝でした。
ペンテコステ礼拝

赤いカード&鳩のクッキー

ペンテコステの象徴である赤を使用したカードと鳩をモチーフにしたクッキーを
学生たちに配布しました。
丁寧に一つ一つ手作りで焼かれたクッキーがとても美味しかったです。
花の日礼拝(2018.6.4)
関西学院幼稚園で、6月2日(土)に「花の日礼拝」が行われました。
本日は、幼稚園生たちが各家庭から持ち寄った花束を届けに来てくれました。
ありがとうございます!
~花の日礼拝の由来~
1856年に「子どもたちが信仰生活に入る為に、また、その両親が子どもを神にささげる日」としてアメリカのレオナード牧師が、6月第2日曜日に特別礼拝を行ったのが始まりです。
1870年には、マサチューセッツ州ローエル市の牧師が「シャロンの薔薇の日」と名付けて花と子ども中心の礼拝が捧げられました。
子どもたちが花のようにすくすくと育つことを願って祝福を祈った「花の日礼拝」が同じ日であったので、この日を「花の日・こどもの日」としてキリスト教の教会や園で礼拝が行われるようになりました。
メッセージ

花束

聖和の創立をおぼえて(2018.5.24)
本日の礼拝では、聖和の創立を記念して1年生全員で学歌 新しき歌をメアリー・イザベラ・ランバスチャペルで綺麗に響かせました。ゲストに来て頂いた森本先生のお話では、聖書のルカによる福音書15章1節にのっている言葉の意味を深く感じることができる、そんな素敵なお話でした。
~聖書のことば~
「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください』と言うであろう。言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある。」
森本先生

メアリー・イザベラ・ランバスチャペル

上ケ原キャンパスツアー(2018.5.14)
昨日までの雨が嘘のような快晴のもと、1年生全員参加の上ケ原キャンパスツアーを行いました。
博物館や図書館、ランバスチャペル、日本庭園等を巡り、社会学部チャペルをお借りしての礼拝も実施。
またツアー途中では、田淵院長、宮原理事長、柳屋常任理事にもお越し頂き、時計台の前で集合写真も撮影しました。
時計台前

中央講堂

時計台横

中央芝生

イースター礼拝(2018.4.26)
ロングチャペルとアドバイザーアワーの時間を使って、イースター礼拝を行いました。礼拝後は、1年生全員で聖和キャンパス内に隠されたたまごを探し(エッグハンティング)、カラフルなたまごを見つけた学生たちは大いに盛り上がっていました。
エッグハンティング①

エッグハンティング②

エッグハンティング③

教育懇談会(2018.4.21)

在学生の保護者向けイベントとして、聖和キャンパスでの教育懇談会が開催されました。
教育方針・カリキュラム・進路状況の説明、キャンパス内施設見学、昼食を食べながらの懇談会等のプログラムが実施され、参加された方々は教員の話に熱心に耳を傾けていました。

マナ・ホール

リプラ

春学期授業が始まりました(2018.4.13)
春学期授業が始まって1週間が経ちました。
今週からはお隣の関西学院大学の教育学部の授業も始まり、キャンパスがより一層にぎやかになってきました。
キャンパス風景

マナホール

新入生向けオリエンテーション(2018.4.4)
入学式直後から、新入生は多くのオリエンテーションプログラムを受けています。
そんな中で、今日は2年生が中心となった歌あり踊りありの『歓迎の集い』がありました。
2年生はきっと、1年前の自分を思い出しながら企画してくれたのではないでしょうか。
歓迎の集い

入学式(2018.4.2)
満開の桜のもと、本日、2018年度新入生150名を聖和キャンパスに迎えました。
どの学生さんも希望に満ち溢れた表情をしています。
これからの2年間、充実したキャンパスライフをお過ごし下さい!
入学式

「さぽさぽ」ボランティア(2018.3.30)
キャンパス内に設けられた子育て支援拠点「さぽさぽ」でサポートスタッフとしてボランティアをしている学生がいます。
その学生達を西宮市が取材に来ました。
西宮市大学交流センターのHPにその様子が掲載されましたので、ご覧ください。
さぽさぽボランティア学生

さぽさぽ

卒業式(2018.3.17)
2016年度入学生が、3月17日に卒業しました。
3月16日に卒業感謝礼拝を行い、その翌日に卒業式・卒業お別れ会を行いました。
2年間の様々な思い出があふれ、涙・涙の式でした。
卒業生の皆さんの今後の活躍を心よりお祈りしています。
卒業式

紅梅(2018.3.9)
自然豊かな『聖和の森』には多くの樹木があり、入学式の頃には桜が満開になりますが、この季節は紅梅が咲き誇ります。寒風の中、凛とたたずむ紅梅は、春が近いことを教えてくれます。
梅

保育士等キャリアアップ研修(2018.3.2)
1月29日~3月13日の間、現役の保育士等の方を対象に「保育士等キャリアアップ研修」を実施しています。聖和では、「乳児保育」「幼児教育」「食育・アレルギー対応」「保健衛生・安全対策」「マネジメント」の5講座を開講しています。日頃、保育現場で忙しくされている先生方が、朝10時~16時半までしっかり研修を受けられています。
保育士キャリアアップ

聖和短期大学研修会(2018.2.19)
「子どもの育ちを支えるために」をテーマに研修会を開催しました。
今年度の講師は、本学教授の中川香子先生と絵本作家の長谷川義史さん。
長谷川さんは自ら『おへそのあな』『おならまんざい』『へいわってすてきだね』等の絵本の読み聞かせとウクレレ弾き語り、そしてライブ紙芝居をしてくださり、会場を沸かせました。
聖和短期大学研修会

アカデミックデイ(2018.2.17)
今日は、聖和キャンパスのイベントを紹介します。
関西学院大学の教育学部、理工学部、総合政策学部の学生が、ラーニングコモンズ「リプラ」で、地域の小学生を招き、プログラミングや国際問題について分かりやすく学べるワークショップ「アカデミックディ」を行っています。
午後は、関西学院大学卒業後先生になった卒業生が集まる集いが行われます。
アカデミックデイ

キャンパス見学会(2018.2.8)
聖和短期大学では、オープンキャンパス以外にも高校単位のキャンパス見学会を実施しています。
この日は、土曜日に市内の高校が来校し、在学生による学校紹介やキャンパスツアー、そして高校から要望のあった“絵本の読み聞かせ”を行いました。
学生が、今回読んだ絵本の紹介や、絵本を子どもたちに読む時に心がけていること等説明し、高校生達も真剣に聞いていました。
4人組

絵本読み聞かせ

2年生運動会(2018.1.26)
今日は定期試験最終日!
そして・・・2年生最後のイベント“運動会”の日。
みんな試験を終えて、ジャージに着替え、体育館に集合!
クラス別対抗「障害物リレー」「ドッチボール」「5人6脚」をみんな元気いっぱい取り組んでいました。(力が入りすぎて、転んだり、ぶつかったりしながら・・・)
外は、雪が降っていたのですが、体育館はみんなの熱気(+暖房)で暖かく、短大生最後のイベントを「楽しい~!」と満喫していました。
運動会(障害物競争)

運動会(5人6脚)

運動会(集合写真)

冬桜(2018.1.18)
1月16日~1月26日の間、秋学期の定期試験を実施しています。
保育科は資格に必要な科目が多いので、みんな真剣に取り組んでいます。
そんな中、掲示板の後ろに冬桜が咲いていました。
今日は先週に比べ暖かい日だったので、少し春を感じました。

冬桜

作品展(2018.1.11)
冬期休暇が明け、大学も授業再開!
来週からの定期試験の勉強やレポート作成等みんな頑張っています。

今日は、1月11日~15日まで開催の中川ゼミ作品展をご紹介します。
「保育学研究演習」(2年生のゼミの授業)で、卒業研究として作った作品をみんなにも見てもらおうと、美術室に展示しています。写真では全て紹介しきれないのが残念ですが、この他の作品も力作揃い!子ども達が喜びそうな手作りおもちゃが沢山ありました。
ぬいぐるみ

リース

タペストリー

学生紹介Part.2(2017.12.22)
今回は、オープンキャンパスや入試のお手伝い等いつも積極的に協力してくれる
2年生の髙橋菜帆さん(兵庫県立川西緑台高等学校出身)を紹介します。
まず、学生生活の様子が分かるように(?)かばんの中身を見せて!と
お願いすると快く披露してくれました。(下記写真)
「教科書がない!」と指摘すると、「今はロッカーに置いています。」とのこと。
ファイルに沢山資料があったので、「これは?」と聞くと、
「卒論です。「子どもの病気とアフターケア~病児育児が身近な存在になるために」
をテーマに書いています。」とのこと。
いつも友達と楽しそうに学生生活を送っているように見えますが、
しっかり勉強もしています。
そして、希望していた幼稚園への内定も決まり、最後の学生生活を満喫中です!
高橋さん横

高橋さん縦

造形祭り(2017.12.15)
1年生の「保育内容 表現」の授業で、“造形まつり”が行われました。
造形祭りは、“手作りおもちゃのお店屋さんごっこ”のような内容で、
各グループごとに材料を用意し、ブースに来てくれた人に作り方を
教えて作ってもらい、自分で作った作品を持って帰ってもらいます。
授業では、学生同士で教えたり、教えられたりしながら作りますが、
幼稚園や保育園の子供たちと一緒に作るイメージで、作品に使う材料を考えたり、
工程を考えたりしてきました。先月授業をのぞいた時はどうなるかな・・・と
思いましたが、どのグループもカワイイ作品に仕上がっていました。
クリスマスリース作り

金魚作り

金魚すくい

クリスマス礼拝(2017.12.14)
メアリー・イザベラ・ランバスチャペルで、クリスマス礼拝が行われました。
スクリーンで、『クリスマスのものがたり』の絵本を見ながら、
場面ごとにゼミのグループ・先生のグループの歌や学生の独唱、そして朗読で、
読み進めていきました。
最後に全員で感謝の祈りをし、「もろびとこぞりて」を歌った後は、
“ホイッカーズ”による音楽のプレゼント!「クリスマスメドレー」を
聞かせてもらい一足早い楽しいクリスマスを過ごしました。
礼拝

ホイッカーズ

学生紹介Part.1“クリスマスカード”(2017.12.11)
毎年学生デザインのクリスマスカードを作って、お世話になった実習先の保育所や幼稚園、施設にお送りしています。今年は、2年生の高久遥さんにデザインしてもらいました。どんなイメージで、このカードを作成したのか聞いてみると・・・
このカード自体を“プレゼント”にしたかったので、リボンをメインにデザインしました。受け取った方が嬉しい気持ちになってくれるといいのですが・・・。と話してくれました。在学生のみなさんへもこのカードは配られます。お楽しみに!
高久さんとクリスマスカード

クリスマスツリー点火式(2017.12.4)
午後から雨が降り出したのですが、18時半の開始時刻にピタリと雨が止み、予定通り「クリスマスツリー点火式」を行うことができました。学生・教職員だけでなく、お隣の幼稚園児やご近所の方々も一緒に約250人で、点灯の瞬間を見守りました。今年からイルミネーションが新しくなり、ツリーの輝きが増してとても綺麗です。クリスマスまで、毎晩見て楽しめそう。

クリスマス点火式

クリスマスの準備(2017.11.30)
アドベント(待降節)に入った翌日(12月4日)、ヒマラヤ杉をクリスマスツリーとしてライトを飾り付け、点灯のセレモニーと礼拝をします。
この日に向けて、教職員・学生が手作りで、各校舎や部屋の扉に飾るリースを作ります。
写真のリースは、2号館に飾られる予定です。

<西宮聖和キャンパスの点灯式>
日 時: 2017年12月4日(月) 18:30~19:00
場 所: 西宮聖和キャンパス2号館前
※どなたでもご参加いただけます。
クリスマスリース

秋晴れの聖和の森 (2017.11.24)
今日は秋日和。空が澄んでいて、気持ちの良いお天気です。
キャンパス内の聖和の森を見ると、お隣の聖和乳幼児保育センターの子供たちが
元気よく走り回っています。
聖和キャンパスは、大学生だけでなく、子供たちも季節の変化を楽しんでいます。
聖和の森

収穫感謝礼拝 (2017.11.16)
今日の収穫感謝礼拝では、アジア学院(栃木県)からAnnie Jane Lagawanさんが来てくださり、「変わろう!幸せに生きるために」をテーマにお話ししてくださりました。
Annieさんは、アジア学院で有機農業を始め様々な日本の技術を学び、自国フィリピンで貢献したいと頑張っておられます。
礼拝の最後に、Annieさんもお話されていた「分かち合うこと」の大切さを考えながら、みんなでサツマイモをいただきました。
収穫感謝礼拝

アジア学院の井澤 酪さんとAnnie Jane Lagawanさん

今週のSEIWA
オレンジリボン運動 (2017.11.7)
今日のチャペルは、「オレンジリボン運動」についてでした。
「オレンジリボン運動とは、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。
このオレンジの色は里親家庭で育った子どもたちが「子どもたちの明るい未来を示す色」として選んだといわれています。
チャペルでは、児童福祉施設の園長経験のある波田埜先生が、体験談をお話しされました。
信じがたい悲惨な現状を聞き、学生みんな色々な思いがめぐったと思います。
チャペルの後、みんなでこの活動に賛同し、オレンジリボンのブローチを作って、キャンパスで配りました。
辛い思いをする子供たちが一人でも減ることを祈ります。
オレンジリボン運動