聖和短期大学 OPEN CAMPUS AO入試ガイド 関西学院大学指定校編入学制度 キャリアアッププログラム 聖和キャンパス図書館 聖和短期大学 所蔵図書・資料書誌検索 おもちゃとえほんのへや 所蔵図書・資料書誌検索 情報の公表 自己点検・評価関連 公的研究費の不正防止に関する取組
聖和短期大学研修会(2018.2.19)
「子どもの育ちを支えるために」をテーマに研修会を開催しました。
今年度の講師は、本学教授の中川香子先生と絵本作家の長谷川義史さん。
長谷川さんは自ら『おへそのあな』『おならまんざい』『へいわってすてきだね』等の絵本の読み聞かせとウクレレ弾き語り、そしてライブ紙芝居をしてくださり、会場を沸かせました。
聖和短期大学研修会

アカデミックデイ(2018.2.17)
今日は、聖和キャンパスのイベントを紹介します。
関西学院大学の教育学部、理工学部、総合政策学部の学生が、ラーニングコモンズ「リプラ」で、地域の小学生を招き、プログラミングや国際問題について分かりやすく学べるワークショップ「アカデミックディ」を行っています。
午後は、関西学院大学卒業後先生になった卒業生が集まる集いが行われます。
アカデミックデイ

キャンパス見学会(2018.2.8)
聖和短期大学では、オープンキャンパス以外にも高校単位のキャンパス見学会を実施しています。
この日は、土曜日に市内の高校が来校し、在学生による学校紹介やキャンパスツアー、そして高校から要望のあった“絵本の読み聞かせ”を行いました。
学生が、今回読んだ絵本の紹介や、絵本を子どもたちに読む時に心がけていること等説明し、高校生達も真剣に聞いていました。
4人組

絵本読み聞かせ

2年生運動会(2018.1.26)
今日は定期試験最終日!
そして・・・2年生最後のイベント“運動会”の日。
みんな試験を終えて、ジャージに着替え、体育館に集合!
クラス別対抗「障害物リレー」「ドッチボール」「5人6脚」をみんな元気いっぱい取り組んでいました。(力が入りすぎて、転んだり、ぶつかったりしながら・・・)
外は、雪が降っていたのですが、体育館はみんなの熱気(+暖房)で暖かく、短大生最後のイベントを「楽しい~!」と満喫していました。
運動会(障害物競争)

運動会(5人6脚)

運動会(集合写真)

冬桜(2018.1.18)
1月16日~1月26日の間、秋学期の定期試験を実施しています。
保育科は資格に必要な科目が多いので、みんな真剣に取り組んでいます。
そんな中、掲示板の後ろに冬桜が咲いていました。
今日は先週に比べ暖かい日だったので、少し春を感じました。

冬桜

作品展(2018.1.11)
冬期休暇が明け、大学も授業再開!
来週からの定期試験の勉強やレポート作成等みんな頑張っています。

今日は、1月11日~15日まで開催の中川ゼミ作品展をご紹介します。
「保育学研究演習」(2年生のゼミの授業)で、卒業研究として作った作品をみんなにも見てもらおうと、美術室に展示しています。写真では全て紹介しきれないのが残念ですが、この他の作品も力作揃い!子ども達が喜びそうな手作りおもちゃが沢山ありました。
ぬいぐるみ

リース

タペストリー

学生紹介Part.2(2017.12.22)
今回は、オープンキャンパスや入試のお手伝い等いつも積極的に協力してくれる
2年生の髙橋菜帆さん(兵庫県立川西緑台高等学校出身)を紹介します。
まず、学生生活の様子が分かるように(?)かばんの中身を見せて!と
お願いすると快く披露してくれました。(下記写真)
「教科書がない!」と指摘すると、「今はロッカーに置いています。」とのこと。
ファイルに沢山資料があったので、「これは?」と聞くと、
「卒論です。「子どもの病気とアフターケア~病児育児が身近な存在になるために」
をテーマに書いています。」とのこと。
いつも友達と楽しそうに学生生活を送っているように見えますが、
しっかり勉強もしています。
そして、希望していた幼稚園への内定も決まり、最後の学生生活を満喫中です!
高橋さん横

高橋さん縦

造形祭り(2017.12.15)
1年生の「保育内容 表現」の授業で、“造形まつり”が行われました。
造形祭りは、“手作りおもちゃのお店屋さんごっこ”のような内容で、
各グループごとに材料を用意し、ブースに来てくれた人に作り方を
教えて作ってもらい、自分で作った作品を持って帰ってもらいます。
授業では、学生同士で教えたり、教えられたりしながら作りますが、
幼稚園や保育園の子供たちと一緒に作るイメージで、作品に使う材料を考えたり、
工程を考えたりしてきました。先月授業をのぞいた時はどうなるかな・・・と
思いましたが、どのグループもカワイイ作品に仕上がっていました。
クリスマスリース作り

金魚作り

金魚すくい

クリスマス礼拝(2017.12.14)
メアリー・イザベラ・ランバスチャペルで、クリスマス礼拝が行われました。
スクリーンで、『クリスマスのものがたり』の絵本を見ながら、
場面ごとにゼミのグループ・先生のグループの歌や学生の独唱、そして朗読で、
読み進めていきました。
最後に全員で感謝の祈りをし、「もろびとこぞりて」を歌った後は、
“ホイッカーズ”による音楽のプレゼント!「クリスマスメドレー」を
聞かせてもらい一足早い楽しいクリスマスを過ごしました。
礼拝

ホイッカーズ

学生紹介Part.1“クリスマスカード”(2017.12.11)
毎年学生デザインのクリスマスカードを作って、お世話になった実習先の保育所や幼稚園、施設にお送りしています。今年は、2年生の高久遥さんにデザインしてもらいました。どんなイメージで、このカードを作成したのか聞いてみると・・・
このカード自体を“プレゼント”にしたかったので、リボンをメインにデザインしました。受け取った方が嬉しい気持ちになってくれるといいのですが・・・。と話してくれました。在学生のみなさんへもこのカードは配られます。お楽しみに!
高久さんとクリスマスカード

クリスマスツリー点火式(2017.12.4)
午後から雨が降り出したのですが、18時半の開始時刻にピタリと雨が止み、予定通り「クリスマスツリー点火式」を行うことができました。学生・教職員だけでなく、お隣の幼稚園児やご近所の方々も一緒に約250人で、点灯の瞬間を見守りました。今年からイルミネーションが新しくなり、ツリーの輝きが増してとても綺麗です。クリスマスまで、毎晩見て楽しめそう。

クリスマス点火式

クリスマスの準備(2017.11.30)
アドベント(待降節)に入った翌日(12月4日)、ヒマラヤ杉をクリスマスツリーとしてライトを飾り付け、点灯のセレモニーと礼拝をします。
この日に向けて、教職員・学生が手作りで、各校舎や部屋の扉に飾るリースを作ります。
写真のリースは、2号館に飾られる予定です。

<西宮聖和キャンパスの点灯式>
日 時: 2017年12月4日(月) 18:30~19:00
場 所: 西宮聖和キャンパス2号館前
※どなたでもご参加いただけます。
クリスマスリース

秋晴れの聖和の森 (2017.11.24)
今日は秋日和。空が澄んでいて、気持ちの良いお天気です。
キャンパス内の聖和の森を見ると、お隣の聖和乳幼児保育センターの子供たちが
元気よく走り回っています。
聖和キャンパスは、大学生だけでなく、子供たちも季節の変化を楽しんでいます。
聖和の森

収穫感謝礼拝 (2017.11.16)
今日の収穫感謝礼拝では、アジア学院(栃木県)からAnnie Jane Lagawanさんが来てくださり、「変わろう!幸せに生きるために」をテーマにお話ししてくださりました。
Annieさんは、アジア学院で有機農業を始め様々な日本の技術を学び、自国フィリピンで貢献したいと頑張っておられます。
礼拝の最後に、Annieさんもお話されていた「分かち合うこと」の大切さを考えながら、みんなでサツマイモをいただきました。
収穫感謝礼拝

アジア学院の井澤 酪さんとAnnie Jane Lagawanさん

今週のSEIWA
オレンジリボン運動 (2017.11.7)
今日のチャペルは、「オレンジリボン運動」についてでした。
「オレンジリボン運動とは、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。
このオレンジの色は里親家庭で育った子どもたちが「子どもたちの明るい未来を示す色」として選んだといわれています。
チャペルでは、児童福祉施設の園長経験のある波田埜先生が、体験談をお話しされました。
信じがたい悲惨な現状を聞き、学生みんな色々な思いがめぐったと思います。
チャペルの後、みんなでこの活動に賛同し、オレンジリボンのブローチを作って、キャンパスで配りました。
辛い思いをする子供たちが一人でも減ることを祈ります。
オレンジリボン運動