2020.03.17.
卒業のお祝い~学長からのメッセージ~

                    卒業のお祝い

 

 聖和短期大学保育科卒業生149名のみなさん 今日は2年間の本学での学びを終える記念すべき卒業

式の日でした。

 卒業式は、聖和で学びを終えた卒業生、保護者のみなさま、そして教職員にとって、門出を祝う貴重な

式典です。今年は、新型コロナウイルスが流行していることから、皆様の健康と安全を守るために苦渋の

決断をさせていただきました。どうぞご理解のほどお願いいたします。

 卒業する保育科2年生のみなさんに一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。

 みなさんの2年間の学びを振り返ってみると、1年生の春学期の基礎演習からはじまり、秋学期は参観

実習が始まるなど数多くのレポートを夜中に眠い目をおさえながら必死で書いたのではないでしょうか。

春休みには児童福祉施設での実習、2年生になると春学期は実習実習の日々でした。秋学期は、就職活動・

卒論とさぞかし忙しかったことかと思います。

 聖和は、土曜日や祝日にも授業がありました。駅から来る人は、毎日門戸厄神からのきつい坂道も息を

切らして登ってきました。他の大学生が大学生活を楽しんでいる中でも、励まし合い、もくもくと勉学に

励んでいました。実習では、子どもとの出会いを経験し、子どものためにどうすればよいか悩みつつ、工

夫されてきたことと思います。

 こうした経験を通して、自分自身が変わってきたことにも「気づき」、「以前の自分とは違う自分」にな

りつつあることを肌身で感じていたのではないでしょうか。

 私たち教職員は、このように立派に育ってくれたみなさんと一緒に過ごせたこと、教育という人が育つ

業に関わらせていただいたことを非常に光栄に思っています。

 さて、ここで学んだ知識と技術は、自分のためだけではなく、人の幸せのために使って欲しいと思いま

す。これからの時代は、IT化が進み人類がこれまでに体験したことのない社会となっていくでしょう。

 生まれた時よりもよき時代を創れるように生きること、困っている人がいるならば、その人の傍らに一

緒に立つことができるように、少しでもよい世の中になるようにとの思いで生きることを目指して欲しい

と思います。「子どもを大切にすること」「子どもの素晴らしさをみつけること」「子どもの将来を夢みて、

導く人となること」が、これからのみなさんの使命です。何事に前向きに取り組み、感謝をし、祈りと願

いをもって、日々人の幸せを願い、勇気と愛のある人生を切り開いて欲しいと思います。

 

保護者のみなさま

 大学として卒業式の実施できなかったこと、深くお詫び申し上げます。

 大学生活をお支えいただいた保護者の皆さまに、お礼のご挨拶を申し上げます。

約20年前みなさんの腕には天使のような暖かい赤ちゃんを抱っこされたことかと思います。あれから20

年立ちました。彼女達はこのように自分の夢に向かって一人で歩くことのできるところまで成長してきま

した。今日まであたたかくお支えいただきましたこと深く感謝いたします。

 また、本学を選び教育方針・教育内容にご理解をいただき、ご支援いただきましたことお礼を申し上げ

ます。

 これからは、人生の大きな転換期に向かいます。どうかあたたかく今後も見守り、必要な時にはお力を

お貸し下さいますようお願いいたします。

 

 最後に、卒業生のみなさん、みなさんが育った学び舎はここです。学校は、いつも卒業生のことを思い

祈っています。関西学院、聖和の卒業生としてぶどうの木のように繋がっています。みなさんのこれから

の益々のご活躍をお祈りいたしております。

 

 ご卒業おめでとうございます。

 

                                 2020年3月17日

                                 聖和短期大学学長 千葉 武夫