関西学院の構成員が行うソーシャルメディアでのコミュニケーション活動について

[ 編集者:広報室       2016年2月3日 更新  ]

関西学院広報室



 関西学院は、「世界市民」の一員たる人材の輩出を理念にかかげています。そのミッションに照らし、すべての構成員が個人の責任において行う自由な言論活動・コミュニケーション活動を最大限尊重しています。

 関西学院が設置する各学校の構成員(教職員・学生・生徒・児童・園児)や関係者(校友、保証人、保護者など)が個人の責任において行うオンライン上のコミュニケーション活動によって、発信される情報は、関西学院ならびに各学校の公式発表や公式見解ではありません。
構成員が個人の責任において行うコミュニケーション活動に対するご意見や反論は、それぞれのコミュニケーション活動やサービスを通して、発信者にお寄せいただきますようにお願い申しあげます。
 なお、個人の責任において行うコミュニケーション活動であっても、重大な法令違反などがある場合は、関西学院として適切に対応致します。

以上

※関西学院の教職員向け「関西学院 ソーシャル・メディア・ガイドライン」と、関西学院大学の学生向け「ソーシャルメディア利用についての注意喚起」は以下のリンクをご参照ください。