2018.09.03.
本校の教員が研究キャリアマガジン『incu-be(インキュビー)』誌に掲載されました

高等部の翻訳授業の取り組みがニュースに取り上げられました

本校の理科教諭 河野光彦が、研究キャリアマガジン『incu-be(インキュビー)』誌に掲載されました。本校で働く傍ら、オーストラリア国立大学に研究員として籍を置き、夏休み・冬休みを研究に充てる二刀流の異色教員。本校で研究のいろはを生徒に伝えています。関西学院大学の理工学部にも研究員として籍を置き、生徒が大学施設を使って研究することにも尽力している河野。『incu-be』誌では、長年の経験を生かした授業や生徒との研究の取り組みが紹介されています。研究に重きを置いた理系教育に力を注ぎ始めた千里国際を支える教員のひとりです。

河野教諭の記事はこちら(『incu-be(インキュビー)』vol.42、2018年秋号 pp.12-13)[ 1018.39KB ]PDFリンク