2022.08.31.
これまでにはない新たな学習環境を実現 ~教室の大改修を行いました~


千里国際中等部・高等部および大阪インターナショナルスクールでは、2022年夏に教室の大改修を行いました。これまでの教室のありかた、学習環境とは異なる千里国際中等部・高等部、大阪インターナショナルスクールならではのコンセプトで、その新しい空間を実現いたしました。
 

具体的には、ここに集まる生徒が深く学び成長することを可能にする学習環境の実現のため、これまでの教室の「前」「後」という概念を取り払い、教室壁面にホワイトボードを設置、大きな教卓を取り払い、アクティブラーニングを推進できる教室仕様に改めました。
 

また、教室の壁を全面ガラス張りにし、開放感ある空間を実現したこと、生徒のロッカーを高さを抑えてリニューアルし、生徒らが自由にコラボレーションができるような開放感のある学習スペースを生み出し、機能的であるだけでなく、美しく生徒の主体的な学びを生み出すようなデザインを創出しました。
 

本校は、千里国際中等部・高等部とインターナショナルスクールと協働する唯一の学校として知られています。同じ敷地内にある大阪インターナショナルスクール(OIS)と理念だけでなく教室や施設を全て共有し、授業の一部や活動を日々ともにしています。両校が存在する千里国際キャンパスは、昨年に1階図書館の全面改修を、今年度は3階教室部分の改修を行いました。来年度は2階教室の大改修を行い、生徒の深い学びを実現する教育環境の創造に向け、これまでにはないイノベーティブな学校づくりに取り組んでいきます。