新月クラブ(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

新月クラブ

新月クラブ

新月クラブ

 1954年10月、学院本館南側に教職員、来賓、同窓のための食堂と集会室を備えた「新月クラブ」が建設された。
木造2階建て瓦葺き、延べ床面積432㎡である。
1階は洋風の食堂で、2階には甲山が時計台を通して見える和室を備え、建設当時は瀟洒な空間を構成していた。

 1階の食堂では、普段の食事や喫茶のほかに、ランバス記念礼拝堂での結婚式後の披露宴をはじめ、さまざまなパーティも行われた。
2階は1969年より教職員組合の事務室として利用されている。
99年、関西学院会館がオープンすると同時にその機能は同会館へ移り、食堂は2000年3月で営業を閉じた。
その後、会議室として利用されたが、関西学院大学ロースクール開設などに伴う新月池周辺再開発事業のなかで、建物はすべて取り壊され撤去された。

【文献】『関西学院七十年史』1959