高等部特別教室棟(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

高等部特別教室棟

 高等部棟と中学部ゾーンの中間に位置する元中学部体育館の跡地に建設された。
回廊によって各棟が結ばれることにより、中学部棟と中庭を構成し、高中部礼拝堂と対峙することで高等部の前庭を構成している。
デザイン的にもスパニッシュ・ミッション・スタイルが踏襲され、高中の調和を保ちつつ、高等部としての独立性も確保している。

 特別教室棟には、プレゼンテーションルーム、ディスカッションルームといった特別教室や情報メディア教室、視聴覚教室等が設けられ、教育の多様化に対応している。
また、2015年度からの高等部男女共学化(認可申請中)および定員増への対応にも配慮がなされ、和室や小教室も併設されている。

 2012年3月竣工。
鉄筋コンクリート造り地上3階建て、延べ床面積2,294.01㎡。
設計は日本設計、施工は竹中工務店。