時計台(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

時計台

時計台

時計台

 上ケ原キャンパス中央芝生正面に位置する関西学院のシンボル的建築物。
W.M.ヴォーリズのキャンパス全体の設計構想の中でも正門、中央芝生そして甲山山頂を貫くキャンパス軸線の上に時計塔の中心が位置し、正面には “Mastery for Service" のモットーを刻むエンブレムが掲げられている。
スパニッシュ・ミッション・スタイルで鉄筋コンクリート造り、一部地階、塔屋時計台を有する2階建て。
延べ面積277坪(約914㎡)となっている。
この建物自体は上ケ原キャンパス工事を請け負った竹中工務店からの寄贈で、1929年の竣工当初は時計はまだ取り付けられていなかった。

 当初この時計台は図書館として、上ケ原キャンパスの校舎配置において、正門右手が宗教館、神学部、文学部(後に大学法文学部)という理念的研究分野であり、左手が総務部、中央講堂、高等商業学部(後に大学商経学部)など実社会との関わりの中での研究分野であり、この両者をキャンパス中央で総合するという役割を担っており、重要な位置上の意味も込められていた。
1955年には図書館の拡大に応じて両翼が増築されている。

 戦時中には正面に掲げられた英文エンブレムが撤去され、また金属供出によって同じく正面の鉄製手摺も取り外され、建物全体が迷彩色に塗り替えられたこともあった。

 その後長く図書館として用いられ、学生にとっても身近な場所となっていたが、1997年に新大学図書館竣工によってその機能はそちらに移され、現在は、2階に大学博物館展示室、実習室、資料調査室、1階に大学博物館事務室、学院史編纂室事務室、資料庫を配している。

【参照】Ⅰ 519