文学部校舎(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

文学部校舎

 1929年の上ケ原キャンパス開設の際に、高等学部文学部校舎として建築された。
W.M.ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイルで、鉄筋コンクリート造り一部地下1階を持つ2階建て、延べ床面積604坪(約1,993㎡)で、礼拝堂(講堂)、教室、教授研究室、事務室などを備えている。
この建物は、34年の大学昇格時には法文学部校舎として、57年に法学部専用校舎が新築されて以降は文学部専用校舎として用いられた。
その後、学部の充実のために拡張工事が施され、教室、研究室が増設された。
将来的には中庭を持つ完全な囲い型(クオドラングル形式)校舎が想定されていたようだが、実現しないまま現在に至っている。
後98年に一部改造が行われ、エレベータ設置など障がい者対応の設備も備えられるようになった。

【参照】Ⅰ 450-451