受験・出願について

各入学試験験要項は、どこで入手できますか。

全ての入学試験要項は、本学HPにて掲載中です。HPよりダウンロードください。
https://www.kwansei.ac.jp/admissions/admissions_004780.html

総合型選抜内で複数の入学試験を併願できますか。

本学の総合型選抜は、複数の入学試験を併願することはできません。同一年度内で1つの入学試験・学部・学科・課程・専修・コースのみ出願可能です。ただし、総合型選抜で不合格となった場合、本学の一般選抜への出願は可能です。

合格後に入学を辞退することはできますか。

本学の総合型選抜※1は、『合格した場合は本学に入学すること』を出願の資格としております。そのため、合格後に他大学への進学等を理由として本学への入学を辞退することはできません。出願資格を十分に理解したうえで出願してください。
※1 総合型選抜:探究評価型入学試験、グローバル入学試験、学部特色入学試験、スポーツ選抜入学試験

外国語の資格・検定試験の 有効期限はありますか。

各検定試験運営機関が定めるオフィシャルスコアで、かつ有効期限内のものに限ります。
詳細は、「本学が指定する英語資格・検定試験のスコアについて」を参照してください。 https://www.kwansei.ac.jp/admissions/admissions_004780.html

外国語の資格・検定試験のスコア表や合格証等は、 原本のコピーでも可能でしょうか。

コピーでも結構です。ただし、スコア等が載っているインターネットの画面を印刷したものは認めません。
・TOEICについては、TOEIC実施団体が発行する「デジタル公式認定書(PDFファイル)をダウンロードの上、各自で印刷したものでも提出可能です。
「デジタル公式認定証(PDFファイル)を提出する際は、A4サイズで印刷の上、提出してください。
・GTECについてはOFFICIAL SCORE CERTIFICATE に限ります。
・取得時期は問いませんが、有効期限があるものは期限内のものに限ります。
※スポーツ選抜入学試験は、こちらをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症拡大等に伴う対応はありますか。

一部出願資格の配慮措置がございます。詳細はこちらをご確認ください。 https://www.kwansei.ac.jp/admissions/covid-19.html

写真の郵送は必要ですか。

写真の郵送は不要です。インターネット出願時にデジタル写真をアップロード頂きます。詳細は共通冊子をご確認ください。
■共通冊子
https://www.kwansei.ac.jp/admissions/kakushu-kyotsu

写真は制服を着用する必要がありますか。

入学が許可された場合には、学生証や教務情報等に使用します。卒業するまで使用するのに相応しい服装としてください(制服以外が望ましい)。

封筒の大きさに指定はありますか。

市販の角2封筒に印刷した宛名ラベルを貼付し、提出書類を封入して簡易書留速達で郵送してください。詳細は共通冊子をご確認ください。
■共通冊子
https://www.kwansei.ac.jp/admissions/kakushu-kyotsu

インターネット出願登録のみで出願手続きは完了しますか。

インターネット出願登録のみでは出願手続き完了とはなりません。インターネット出願登録の他に検定料のお支払いと提出書類の郵送が必要です。
詳細は共通冊子をご確認ください。
■共通冊子
https://www.kwansei.ac.jp/admissions/kakushu-kyotsu

出願登録後、入力内容の誤りに気がついたのですが、変更できますか?

入学検定料の納入前であれば、「出願一覧」(インターネット出願サイトトップページ)より変更を行うことが可能です。入学検定料納入後の出願内容の変更・取消は一切できません。 ただし、住所・氏名等に誤りがあれば速やかに入学センター(下記)まで連絡してください。
■関西学院大学 入学センター TEL 0798-54-6135

自宅にパソコンがないのですが出願可能ですか?

図書館など公共施設のパソコンでもインターネット環境があれば出願は可能です。また、スマートフォン、タブレット端末からも出願が可能です。

メールアドレスがない場合でも出願登録可能ですか?

出願にはメールアドレスが必須です。さらに、登録完了及び入学検定料入金完了の確認メールを受信するためにも使用します。
メールアドレスは、スマートフォンや携帯電話、フリーメール(Gmail、Yahoo!メールなど)でも構いません。
ただし、メール受信設定でドメイン設定を行っている場合はメールが届かないことがありますので、ドメイン(@kwansei.ac.jp)を受信設定してくだ さい。

氏名・住所に正しい漢字が登録できません。

共通冊子「本学入学後の氏名表記に使用可能な漢字」を確認してください。
■共通冊子
https://www.kwansei.ac.jp/admissions/kakushu-kyotsu

グローバル入学試験について

「Ⅰ.国際的な活躍を志す者を対象とした入学試験[文系学部]」の出願要件④の「関西学院世界市民明石塾」とは何ですか。

関西学院大学は将来国連職員や外交官等、国際公共分野で活躍できるグローバルリーダーをめざす高校生を対象に、元国連事務次長の明石康氏を塾長に迎え、「関西学院世界市民明石塾」を開設していたプログラムで2023年度をもって終了しました。

「Ⅰ.国際的な活躍を志す者を対象とした入学試験[文系学部]」の出願要件「②日本の高等学校在籍期間中に、90日以上連続して、海外に留学した経験を有する者」について、留学を証明するためにはどのような書類が必要ですか。

出願要件②で出願する方は全員、入学志願調書および外国学校在籍期間証明書を提出してください。
外国学校在籍期間証明書は、[英語版]または[日本語版]のどちらか一枚で結構です。
また、留学とは海外の高等学校(ただし、日本の学校教育法に準拠した教育を実施している学校は除く)で学ぶことです。

英語資格・検定試験の成績の有効期限はありますか? また、原本の提出が必要ですか。

各民間試験運営機関が定める有効期限内のものに限ります。合格証・スコア表は原本のコピーでも結構です。
ただし、スコア等が載っているインターネットの画面を印刷したものは認めません。

グローバル入学試験に合格しないとインターナショナル・プログラム(国際教育プログラム)に参加できないのでしょうか。

インターナショナル・プログラム(国際教育プログラム)は、関西学院大学の学生なら、どなたでも参加することができます。「Ⅰ.国際的な活躍を志す者を対象とした入学試験」、「Ⅱ.インターナショナル・バカロレア入学試験」では、インターナショナルプログラム(国際教育プログラム)への参加を志す者を募集します。

外国の高等学校卒業の場合は、調査書の代わりに何を提出すれば良いでしょうか。

下記の書類を提出してください。
詳細はP. 18「調査書(厳封)について」の『C.外国の高等学校卒業(見込)者または修了(見込)者』をご参照のうえ、以下の書類を提出してください。
・外国の高等学校の「卒業(見込)または修了(見込)証明書」
・外国の高等学校の「成績証明書」(在籍期間すべて)
※日本の高等学校で修得した単位がある場合は、日本の高等学校の「調査書」もしくは「成績証明書」

外国の出身学校が発行する「成績証明書」について、一部の成績証明書がない場合や成績証明書の提出が不可能な場合はどうすればよいですか。

次のとおり提出してください。

修了している学期の成績が空白となっていたり、一部の成績証明書がない場合
外国の出身学校が発行する理由書を添付してください。ただし、成績証明書内にその期間の成績がない理由が明記されている場合は理由書の提出は不要です。

成績証明書の提出が不可能な場合(例:イギリス)
国の教育制度により成績証明書の提出が不可能であったり、国家試験や国家資格の成績または結果しか記載されない場合は、学年が記載された学期ごとの学業評価リポート等(在学期間、受講項目、点数などを記載しているもの)を提出してください。
学業評価リポートは学期ごとにクリップなどでまとめ、どの学期の学業評価リポートなのか分かる様メモ等を表面に添付してください。

海外から出願する場合、どのように郵送すればよいですか。

海外から出願する場合、EMS 等追跡可能な国際郵便で送付し、各追跡サービスを確認してください。なお、EMS 等日本国外から送付する際に専用の封筒を使用する必要がある場合は、別の封筒にインターネット出願で出力された「宛名ラベル」を貼り付けて出願書類を入れた後、専用の封筒に入れて送付してください。

  • 《グローバル入学試験Ⅰ及びⅡ》

    ● EMS で送る場合の送付先
    Kwansei Gakuin University Application Reception Center Shinosaka Post Office, Osaka 539-8691 Japan

    ● EMS プレミアム・DHL・FedEx・UPS などのクーリエサービスで送る場合の送付先
    Kwansei Gakuin University Admissions Center 1-155 Uegahara Ichiban-Cho, Nishinomiya-shi, Hyogo 662-8501 Japan

  • 《グローバル入学試験Ⅲ》
    Kwansei Gakuin University Admissions Center 1-155 Uegahara Ichiban-Cho, Nishinomiya-shi, Hyogo 662-8501 Japan

外国の高等学校を卒業見込みで、グローバル入学試験(Ⅲ.帰国生徒入学試験)で出願予定です。成績に関する証明書は何を提出すればよいですか。

成績に関する証明書については、日本の高等学校の第一学年から第三学年に相当するすべての学年・すべての学期の成績証明書を提出してください。 また、複数の外国学校に在籍している場合、つながりがわかるように、すべての外国学校から発行してもらってください。詳細は入試要項P. 18~19をご参照ください。 なお、以下はよくある事例です。

  • 《よくある事例》

    ⑴〔A〕日本の高校→(転校)→〔B〕海外の外国学校*
    以下〔A〕〔B〕すべてを提出してください。

    〔A〕日本の高校
    「日本の学校の調査書(厳封)または在籍していた期間や期間中の成績がわかる成績証明書」または「高校卒業程度認定試験合格証明書や大学入学資格検定合格証明書および合格成績証明書」
    〔B〕海外の外国学校
    「外国高校の高校卒業または修了(見込)証明書」および「外国学校が発行する成績証明書」

    ⑵〔C〕海外の外国学校(1校目)→(転校)→〔D〕海外の外国学校(2校目)*
    〔C〕〔D〕の各学校の以下の書類を提出してください。
    「外国高校の高校卒業または修了(見込)証明書」および「外国学校が発行する成績証明書」
    • *飛び級または繰り上げ卒業した場合、成績証明書とは別に志願者が飛び級あるいは繰り上げ卒業をした(もしくは卒業見込である)ことを証明する書類の作成を依頼し、成績証明書と同封してください。 ただし、成績証明書に飛び級あるいは繰り上げ卒業をした学年・学期が明記されている場合は、成績証明 書だけでも構いません。
英語により行われる科目により、学位習得が可能な学部はありますか。

国際学部でのみ可能です。英語を母語/第一言語とする者、一定の英語能力を有する者を対象とする入学試験「International Admission」(第1次・第2次)を受験し、合格すれば「英語話者」として入学することになります。「英語話者」として入学すれば、英語により行われる科目のみで学位取得が可能となりますが、第1外国語として日本語の履修が必須となります。(詳細はInternational Admission入試要項をご確認ください)
※グローバル入学試験による合格者は「一般学生」(「英語話者」ではない)として入学していただきます。
※International Admission入試要項は、下記URLよりご確認ください。
https://global.kwansei.ac.jp/academics/undergraduate/admission

(注)2019年度International Admissionより、日本国籍保有者であっても「日本の学校教育法に基づく小・中・高等学校の在籍期間が通算4年以内」もしくは「日本の学校教育法に基づく中・高等学校の在籍期間が通算2年以内」であれば、出願可能としています。

  • なお、一般学生として入学した場合でも、国際学部で数多く開講している英語で行われる科目の履修は可能です。更に入学後にEnglish-based Degree Programに申請し、必要条件を満たせば、英語で行われる科目のみを履修し、卒業必要単位の履修が可能です(キリスト教科目、言語教育科目、国際基礎科目を除く)。
    詳細は国際学部事務室(TEL 0798-54-6072)までお問い合わせください。
教員免許などの資格取得を目指しつつ、インターナショナル・プログラム(国際教育プログラム)にも参加することはできますか。

インターナショナル・プログラム(国際教育プログラム)は、実施時期や実施期間の異なる様々なプログラムがありますので、ご自身にあったプログラムを選択できます。ただし、取得を希望する資格によっては、卒業に必要な単位の他に実習をはじめとした科目の単位を必ず修得しなければならない場合があります。そのため、4年間で卒業することを前提とする場合、取得を希望する資格によっては、選択するプログラムに制約が生じる可能性があります。

グローバルⅠ・Ⅱに出願する際に提出する「資料説明書」について、裏面に該当する出願要件の活動内容や実績、資格などを証明する資料を貼付する必要がありますが、どのようなものを貼ったらいいか分かりません。

この資料を基に、あなたが出願要件に該当するかを確認しますので、活動内容や実績、資格の有無を客観的に判断できる資料や新聞記事、資格の合格証、表彰状等を貼ってください。
提出する際には、資料の下部に記載の通り、サイズの大きなものは縮小コピーをするなど、用紙からはみ出さないように貼付してください。

社会人は出願できますか。

グローバル入学試験内の3つの入学試験すべてにおいて出願可能です(併願不可)。また、既卒生も同様に出願可能です。

探究評価型入学試験について

総合型選抜内で複数の入学試験を併願できますか。

本学の総合型選抜は、複数の入学試験を併願することはできません。同一年度内で1つの入学試験・学部・学科・課程・専修・コース・専攻のみ出願可能です。ただし、総合型選抜で不合格となった場合、本学の一般選抜への出願は可能です。

関西学院大学に合格後、入学を辞退することはできますか。

本学の総合型選抜※1は、『合格した場合は本学に入学すること』を出願の資格としております。そのため、合格後に他大学への進学等を理由として本学への入学を辞退することはできません。出願資格を十分に理解したうえで出願してください。
※1 総合型選抜:探究評価型入学試験、グローバル入学試験、学部特色入学試験、スポーツ選抜入学試験

所属する高等学校での活動ではなく、自宅や外部機関で個人的に取り組んだ探究活動で「外部機関が主催する大会やコンテスト等」に出場しましたが、出願可能ですか。

出願いただけません。対象となる探究活動は、所属する⾼等学校もしくは中等教育学校における「教育課程内の授業」もしくは「正課外活動」にて行った探究活動(高等学校入学後の活動に限る)です。

「学校内での発表会」とはどのような発表会が該当しますか。

<例>
・授業内で発表を行った。
・作成したポスターを掲出し、ポスターについて説明や発表を行った。
・クラス対抗の発表会を行った。
・理科クラブ内で実験成果の発表を行った。

複数名のグループで探究活動を行い、成果物もそのグループで作成しました。同じグループのメンバーも本入学試験での出願を考えていますが、全員が同じ成果物(『①探究活動の成果物』)を提出することは可能ですか。

『①探究活動の成果物』は、全員同じものを提出することが可能です。ただし、他の提出書類や審査においては、自身の役割や担当箇所等を明確にする必要があります。

成果物として英語で論文を書いたのですが、そのまま提出してもいいですか。

論文自体は英語のままで構いませんが、『②探究活動(成果物)の概要説明書』は必ず日本語で作成してください。

『②探究活動(成果物)の概要説明書』はどのように作成すればよいですか。

入学試験要項と『概要説明書作成の手引き』(入学試験要項と同ホームページ上に掲載)をあわせて確認し、作成してください。『②探究活動(成果物)の概要説明書』は、『①探究活動の成果物』の概要や作成にいたるプロセス等を説明するものです。そのため、他の提出書類に記入された事実と差異がないように作成する必要があります。

自身の探究活動が、『②探究活動(成果物)の概要説明書』における<探究活動のタイプA~C>のどれに該当するか迷っています。

『概要説明書作成の手引き』(入学試験要項と同ホームページ上に掲載)のP. 5探究活動タイプ例も参照してください。

『④発表の記録』は、「外部機関が主催するコンテスト」の区分に記入した発表会のみ証拠書類が必要ですが、「学校内での発表会」で発表したことを客観的に判断できるような書類がない場合は、どうすればよいですか。

書式は自由で構いませんが、担当教員(授業科目担当・担任・正課外活動の顧問など)が以下1.~6.の項目について記入(項目6.は必ず直筆)した書類を証拠書類として提出してください。
必要項目:
1.書類を作成した日付
2.高等学校名(正式名称)
3.出願者の氏名(漢字フルネーム・フリガナ)および生年月日
4.証明する実績の詳細(発表会名や内容・規模等)と「記載の実績に相違ない」旨の文言
5.〈直筆〉記載責任者(担当教員)氏名(漢字フルネーム・フリガナ)および役職、学校印

提出書類「①探究活動の成果物」でポスターを提出しようと思いますが、ポスターだけを出せばよいのでしょうか?

ポスターの説明書を必ず付けてください。ポスター作成の狙いや完成までのプロセスなど分かるように作成してください。

出願方法や提出書類の送付先について教えてください。

「関西学院大学総合型選抜入学試験要項共通冊子2025年度」P.2~5をご確認ください。

学部特色入学試験について

総合型選抜内で複数の入学試験を併願できますか。

本学の総合型選抜は、複数の入学試験を併願することはできません。同一年度内で1つの入学試験・学部・学科・課程・専修・コースのみ出願可能です。ただし、総合型選抜で不合格となった場合、本学の一般選抜への出願は可能です。

合格後に入学を辞退することはできますか。

本学の総合型選抜※1は、『合格した場合は本学に入学すること』を出願の資格としております。そのため、合格後に他大学への進学等を理由として本学への入学を辞退することはできません。出願資格を十分に理解したうえで出願してください。
※1 総合型選抜:探究評価型入学試験、グローバル入学試験、学部特色入学試験、スポーツ選抜入学試験

英語の資格・検定試験のスコア表・合格証があれば出願できる学部はありますか。

文学部・総合政策学部は、英語の資格・検定試験のスコア表・合格証があれば出願することが可能です(※1)。
また、経済学部・商学部(※)・人間福祉学部・教育学部・理学部・工学部・生命環境学部は、英語の資格・検定試験のスコア表・合格証に加え、各学部が指定する出願資格を満たせば出願することが可能です(※1)。
なお、英語の資格・検定試験のスコア表・合格証については、学部により指定するスコアが異なります。
〈文・経済・人間福祉・教育・総合政策学部〉CEFR B1レベル以上 〈理・工・生命環境学部〉CEFR A2レベル以上
※1 高等学校卒業見込みなどの出願資格を満たす必要があります。
※2 商学部の[事業経営を志向する者]の出願資格のみ。スコアは問わない。
詳細は、学部特色入学試験要項を参照してください。

社会人でも受験できる学部はありますか?

神学部・商学部・国際学部・教育学部は、出願資格に社会人枠を設けています。 また、文学部・経済学部・人間福祉学部・総合政策学部・理学部、工学部、生命環境学部、建築学部では、社会人枠を設けていませんが、大学入学資格を有し、かつ各学部が指定する出願資格がある方であれば、受験することが可能です。

リーダーシップや指導的役割などをアピールする場合、どのような資料を提出すればよいですか?

顧問の先生や担任の先生などに役職名・期間・規模などを証明してもらってください。また、志願者本人の活動内容や果たした役割などがわかる資料も提出してください。資料がない場合はその活動等を評価対象としません。詳細は、学部特色入学試験要項を参照してください。

ボランティア活動の経験をアピールする場合、どのような資料を提出すればよいですか?

ボランティア活動をしたという客観的な資料(新聞の切り抜きなど)を提出していただく必要があります。
無い場合は、その活動をよく知っている方に活動内容・時間数を 含んだ証明をもらうようにしてください。
なお、学校名や団体名しか記載のないものは、志願者本人の参加がわかる別の資料も提出してください。 証明・資料がない場合はその活動等を評価対象としません。詳細は、学部特色入学試験要項を参照してください。

筆記審査や面接審査はどのよう審査内容ですか。

学部により異なりますが、主に第一次審査で筆記審査、第二次審査で面接審査(第一次審査合格者のみ対象)を行います。
まず、第一次審査については、商学部の一部の出願資格と建築学部を除くすべての学部で、筆記審査を実施します。文系学部は、英語と小論文の2科目またはいずれか1科目、理系学部は数学と理科(物理・化学・生物より1科目選択)の2科目で実施します。
また、第二次審査については、面接審査(口頭試問含む)に加え、グループデスカッション、プレゼンテーションや実技審査を実施する学部もあります。
なお、神学部は第一次審査の中で講義受講、リポート作成、面接審査(口頭試問含む)を実施します。 詳細は、学部特色入学試験要項を参照してください。

スポーツ選抜入学試験について

高等学校長の推薦書は必要ですか?

高等学校長の推薦書は不要ですが、調査書の提出が必要です

他大学との併願は可能ですか?

本入学試験は、他大学との併願はできません。

チーム競技および団体競技において、出願資格に正選手と記載されていますが、正選手とは具体的にどういう意味ですか?

正選手とは、出願資格に記載の大会の試合に出場している選手を意味しています。
当該大会の全ての試合に出場している必要はありません。登録メンバーには入っているが、当該大会のいずれの試合にも出場していない選手は、正選手にはあてはまりません。

大会名や試合名に「世界大会」や「国際大会」とありますが、スポーツ選抜入学試験要項P. 5に記載の各種国際大会に該当するのでしょうか?

参加費を払うことで出場権を得ることができるようなオープン大会や交流大会等は競技基準の対象とはなりません。
また、武道関係の競技種目については、流派だけの独自の大会等は競技基準の対象とはなりません(スポーツ選抜入学試験要項P. 8【共通注意事項】参照)。
不明な場合は当該大会要項を手元に準備し、出願の前に入学センターまでお問い合わせください。

試合で使用したスコアブックや主催者団体が発行する公式記録では、志願者本人が正選手として出場したことが判別できません(判別できないかもしれません)。どのようにすればいいですか?

まずは、正選手として出場したことがわかる別の資料がないかを確認してください。その上で記録用紙しか用意できない場合に限り、【本学所定用紙C】下部に「添付した資料が示す試合に、志願者本人が正選手として出場したこと」を証明する欄を設けていますので、部活動の顧問や担任の先生等から署名をもらってください。

競技実績を証明する提出資料が賞状しかありません。これだけで大丈夫でしょうか?

志願者本人が正選手として出場したことが分かる資料であれば問題ありません。
しかし、学校名しか記載のないものや団体戦登録メンバー全員の名前が記載されており、出場したことが分からない場合は、別の資料も提出してください。

英語資格・検定試験スコア表もしくは合格証は、コピーでも提出可能ですか?

スコア表や合格証は、原本もしくは原本のコピーであれば結構です。
また、出願期間内に英語試験実施団体から、志願者本人の手元にスコアや合格証が届かず、提出書類として用意できない場合に限り、スコア表等が載っているWebページを印刷したものでも提出可能です(加工厳禁)。
スコア表や合格証が手元に届きしだいすぐに、原本もしくはコピーを提出してください。

実用英語技能検定準1級を受けましたが、一次試験が不合格だったため「speaking」のスコアを持っていません。出願することはできますか?

出願資格は英語資格・検定試験(4技能)のスコアの提出が必要です(スコアは問わない)。
英語4技能とは、英語の「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルを表しています。
英語資格・検定試験において「speaking」のスコアが提出できない場合、出願することはできません。

実用英語技能検定4級のスコア表を持っています。出願することはできますか?

現在、実用英語技能検定4級は「writing」が実施されていません。したがって、上記同様出願条件を満たしていないため、出願することはできません。

英語資格・検定試験(4技能)の正規スコアとして、「GTEC」アセスメント版のスコアを提出することはできますか?

「GTEC」アセスメント版のスコアを提出書類として提出することはできません。「本学が指定する英語資格・検定試験のスコアについて」に記載されているもので、正規スコアとします。また、各民間試験運営機関が定める有効期限内のものに限ります。
詳しくは本学入試情報サイトをご確認ください。 https://www.kwansei.ac.jp/kgcefrl

教育学部の受験を考えています。第一志望は初等教育学コース、第二志望は教育科学コースですが、その他のコースでは入学を志望しません。どのように登録すればいいですか?

第一、第二志望は志望するコースを選択し、第三志望は「志望しない」を選択してください。
なお、第一志望のコースにのみ入学を志望する場合は、第一志望に志望するコースを選択し、第二、第三志望は「志望しない」を選択してください。

合格後、入学前に行っておくべきことはありますか?

学部により入学前教育を実施している場合がありますので、合格通知に同封されている「入学手続のご案内」をご確認のうえ、必要に応じて課題等をご提出ください。

入学後の学習について、優遇措置等はありますか?

関西学院大学では文武両道を重んじています。「スポーツ選抜入学試験」で入学した学生を特別扱いしませんので、大学・学部での学びをよく理解したうえで出願してください。