2015.02.21.
図書部が神戸へ遠足に行きました。

 2015年度の図書部は、年間テーマを「ハリー・ポッターと謎の図書部―Draco Dormiens Nunquam Titillandus」と定めて調査・研究をしています。今年度も恒例のフィールド・ワークを実施します。「ハリー・ポッター」シリーズの舞台となったイギリスに関わりのある場所へ、土曜日午後や休日を利用して遠足に行きます。
 まず、北野異人館、英国館を見学。イギリス人医師フデセックが居住していた明治40年築の洋館です。典型的なコロニアル様式で、ビクトリア朝のアーティーク家具なども揃っており、イギリスの雰囲気が色濃く出ています。2階は、同じイギリスの小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの名場面が再現されています。
 続いて、スコーンを購入。英国館でも紹介されていた「アフタヌーンティー」を疑似体験しました。
 最後に、旧居留地へ。その47番は、関西学院の創立者W.R.ランバス先生が、関西学院を創立する3年前の1886年に居を構えた地。「読書館(Reading Room)」を設けて伝道をはじめました。そんな外国人がたくさんやってきた神戸港をのぞむメリケンパークへ。開港後の神戸に思いを馳せつつ、帰路につきました。

┌──────────────┐
│ ここに写真が表示されます。│
│ しばらくお待ち下さい。  │
└──────────────┘

関西学院中学部図書部blog外部サイトへのリンク

神戸北野の異人館 うろこの家公式ホームページ(異人館おすすめマップ)外部サイトへのリンク

神戸北野異人館街外部サイトへのリンク

神戸旧居留地外部サイトへのリンク