2014.06.28.
図書部が初等部を訪問しました。

 2014年度の図書部は、年間テーマを「手塚治虫創作秘話」に設定し、11月3日(手塚治虫の誕生日)の文化祭での展示発表に向けて、調査・研究をしています。その一環として、土曜日午後や休日を利用して、手塚治虫ゆかりの場所へ遠足(フィールドワーク)に行っています。10回目となった今回は、手塚治虫が青年期を過ごした宝塚を訪ねました。
 まず手塚治虫が通い、企画なども手がけた宝塚ファミリーランド跡に建つ関西学院初等部へ。初等部6年生と交流を深めました。手塚治虫に関するアンケートに協力してもらった上で、「手塚治虫と関西学院初等部」と題したスライドショーで、相互のつながりから理解を深めてもらいました。
 その後、宝塚市立手塚治虫記念館へ。とくに開館20周年記念企画展「地上最大の手塚治虫展」やジオラマ「手塚治虫昆虫日記の宝塚」から、手塚治虫と宝塚の関係を確認。『スリル博士』に登場する宝塚ホテルを経て、ホテル若水へ。手塚治虫が過ごした時代の温泉街・宝塚の様子や手塚治虫の直筆サインを見ることができました。
 武庫川河川敷で昼食をとったあと、手塚治虫の家があった宝塚市御殿山へ。「モンモン山が泣いてるよ」に出てくる「蛇神社」、手塚治虫が昆虫採集をしたとされる「猫神社」(千吉稲荷)や「瓢箪池」(下の池)などを訪ね、手塚少年の創造力を育んだ場所に思いを馳せました。

┌──────────────┐
│ ここに写真が表示されます。│
│ しばらくお待ち下さい。  │
└──────────────┘

関西学院中学部図書部blog外部サイトへのリンク

関西学院初等部関連ページへのリンク

宝塚市立手塚治虫記念館外部サイトへのリンク

ホテル若水外部サイトへのリンク

宝塚温泉外部サイトへのリンク