HOME  >  学校案内  >  学校評価

学校評価

2019年3月19日 更新

2018年度 関西学院中学部 学校評価を終えて

 幼稚園から大学院まで連なる総合学園としての関西学院は、その良さを生かし、お互いに連携をとりながら整合性のとれた学校評価を実施するため、接続する学校の教職員の先生方に専門的な視点からのご意見をうかがうことで、第三者評価と学校関係者評価の両方の性格を併せ持つ「第三者評価/学校関係者評価」を導入しています。この度、中学部の学校評価が関西学院評価推進委員会において承認されましたので、ホームページ上で公表させていただきます。
 2018年度は、連続性を見るために引き続き「教育課程・学習指導」「生徒指導」「保健管理」「保護者との連携」「キリスト教主義教育の実践」「特色ある教育の実践」を評価項目に設定し、評価の実施にあたっては、各項目について生徒・保護者・教員にアンケート調査を行い、それぞれの立場からのご意見を聞くことによって客観性を確保しました。アンケートの回収率は、生徒97.6 %、保護者74.7%、教員100 %となっております。
 今年度も各項目について、まず現状を説明し、アンケートの集計結果も参考にしながら評価・分析を加え、今後の改善に向けた方策を示し、自己点検・評価としました。また、評価者の先生方に、ありのままの姿の中学部の教育を知っていただき、いただいたご意見も合わせて中学部の学校評価としてまとめています。
 関西学院中学部は、学校評価を通じて自らその課題を探り、それに向き合って改善することによって、より充実した教育活動等を生徒に提供し、また、その結果を社会に公表することによって信頼を高め、課題意識を共有していく所存であります。
 2018年度中学部の学校評価を項目別にまとめたものを、以下に掲載いたします。
 今後とも、各部門において改善に努めていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

AdobeReader

※PDFデータをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
 Adobe Readerはこちらから無料でダウンロードできます。