2015.07.14.
[SGH]GGPグローバルセミナー<3年生>を実施しました

GGP3年生「君の近未来予想図Ⅱ」<關谷武司先生>

GGP3年生關谷先生


7月14日(火)3年生全員を対象にGGPグローバルセミナーを開催しました。
関西学院大学国際学部教授の關谷武司先生をお招きし、「君の近未来予想図Ⅱ」というタイトルでご講演いただきました。
グローバル化とは経済的に国内市場と海外市場の境目がなくなり、労働力を海外から調達できるようになることです。日本を取り巻く8割の発展途上国の人々は、給料もよく、治安もよく、医療も発達している日本で働きたいと願い、安い給料でも働きます。意欲的で能力の高い世界のエリートも同様に日本で働きたいと願っています。一方で日本人の学生は国内に閉じこもっていて、世界はおろか日本のことすら無関心です。自分を知るためには「鏡」が必要です。自分と違う人に会うことで自分を知るきっかけになります。つまり「鏡」は世界です。自分の目で外を見て、自分の心で自分を知ってほしいとお話し下さいました。