読書科

読書科の2本柱は、『読書』(Reading)と『研究』(Research)です。

個性に応じた読書生活を形成し、これを深めることによって、自らの心を耕します。(読書生活の形成と深化)
また、読書を通して、出会ったさまざまな問い(テーマ)を常に発展的に持ち続け、これに答えてゆく技量を身につけます。
つまり、自主的自立的学習態度を養い、探究者、研究者としての資質を磨きます。(研究態度・技術の体得)

読書科は、新しい学力感を開拓します。

これまでの学校教育で生徒に課せられたのは、教師が提示した問題にいかに速く、正確に答えるか、ということでした。
読書科では、答える力偏重の学力観を克服し、問う力(問題発見能力、問題設定能力)答える力(問題解決能力)をともに育てようとしています。
それでこそ、学びが主体的なものになり、本当の意味で学びの喜びを味わうことができます。

読書科の授業は、演習形式で進められます。

2本柱に沿って、カリキュラム(各学年1単位、必修)が組み立てられています。「読書」の演習として、1年生の「テーマ読書」があり、「研究」の演習として、2、3年生の「論文作成」があります。

「テーマ読書」は、自分でテーマを決めて、それに関係のある本を数冊見つけて読み、そのブックガイドを作って、級友の前で発表します(ブックトーク)。
2年生から、論文作成演習が始まります。課題(テーマ)設定から、論文の仕上げ・発表まで、2年間かけてじっくりと研究を続けます。

論文作成は、直線的ではなく、「問う過程」「答える過程」「成果をまとめ、発表する過程」を何度も往き来することで、問題意識が深まります。
研究のすべての局面で、テーマを見直し、集めた情報が本当に意味あるものかどうかを点検し、フィードバックする必要があります。「洞察」が研究の決めてになると同時に、新たな問いへの扉を開くのです。


▲論文作成演習の教科書



読書科の授業は、すべて図書館で行われます。

読書科の授業はすべて図書館で行われます。図書館には、図書、新聞、雑誌などの活字メディアばかりでなく、映像メディア、電子メディアなど多彩なメディアが整備され、また10台のデスクトップ型コンピュータと、50台のノートパソコンが備えられ、すべての教科の調べ学習・課題学習を支援します。
また、司書教諭をはじめ図書館スタッフが、ていねいにレファレンスサービスを行います。

◆高等部読書科カリキュラム◆

       
Research
研究態度・技術の体得
Reading
読書生活の形成と深化
高1 【1】「今日から使える関西学院高等部図書館」(図書館入門)
【2】図書館利用の基礎知識
1:図書館メディアの分類
2:分類と配架のきまり
3:情報検索法(館内、館外)
4:図書館利用のモラル
【3】図書館メディア活用ミニ演習
1:検索コンピュータを使わず書架を巡って本を探す。(分類・配架のきまりを確かめる演習)
2:誕生日ゆかりの人物、事項を調べる。(参考図書を使う演習)
3:一つトピックを選んで関連情報・資料リストを作る。(さまざまなメディア・メディア検索手段を活用する演習)
4:その他(年度により多様なミニ演習)
【1】「図書館で見つけた、この一冊」
級友の前で口頭で紹介→紹介された本の立ち読みコーナーを図書館内に設ける
【2】校内文芸コンクールへの参加
読書感想文の部、創作の部、研究エッセイの部他※全員参加
【3】教師による読書案内文集『図書春秋』(夏休み前配布)、『読んでみませんか』(読書週間に配布)を読む
【4】テーマ読書
テーマを決める

関連図書リストを作る

1冊づつ読み、記録を書く

ブックガイド(読書案内文)を書く

級友の前で口頭で発表
(ブックトーク)
【5】その他
年度により童話創作など多様な演習
高2 以下
論文作成プログラムに入る
【1】研究論文のテーマの設定
【2】情報検索・収集
【3】情報の記録
B6カードへの記入
【4】中間報告書
結論と論拠を簡単に記述
【1】校内文芸コンクールへの参加
※自由参加
【2】『図書春秋』、『読んでみませんか』を読む
高3 【1】アウトライン(論文の骨子)の作成
※自由参加
【2】下書き、推敲
【3】論文の仕上げ(清書)
【4】「論文の要約」作成
研究結果を級友の前で口頭で発表する
クラス内発表

クラス代表が
学年発表会で発表
【1】校内文芸コンクールへの参加
※自由参加
【2】『図書春秋』、『読んでみませんか』を読む

◆論文作成過程◆