国内フィールドワークに行ってきました

[ 2015年10月6日 更新 ]

 9月26日~28日の3日間、国内フィールドワークで
栃木県にあるアジア学院と東京都にあるJICA地球ひろばを訪問しました。

 26日と27日は1泊2日でアジア学院を訪問しました。
 アジア学院とは、発展途上国の農村の指導者を育てるための学校でそこで学ぶパティシパントと呼ばれる学生たちは、アジア学院で学んだ技術をそれぞれの村の人に伝えています。キャンパスツアーでは、農業で使う道具の倉庫や、家畜小屋、大豆から油を搾りだす作業等を見学しました。パティシパントの方々との夕食後には、英語によるインタビューをしました。英語に苦しむ場面も見受けられましたが終始和やかな雰囲気でした。
 翌日は、家畜の餌になる肥料の作り方や調達方法について学びました。豚小屋では食べ物と命のつながりについて学び、生徒たちはあらためて命をいただくことへの感謝の気持ちを強く実感したようです。

28日は東京のJICA地球ひろばを訪問し、スタディーツアーに参加しました。
 モルディブの環境についてのワークショップや、施設内の体験ゾーンを見学をしました。