関西学院は創立125周年を迎えました。

発達支援事業 うぃんぐ

  •         

[ 編集者:子どもセンター   2017年3月17日 更新  ]

発達支援事業 うぃんぐ

うぃんぐ

 「うぃんぐ」はその名のとおり「つばさ」。子どもたちが持てる力を充分に伸ばして、羽ばたいていって欲しい・・・そんな願いがこめられています。
 うぃんぐでは発達に何らかの配慮を必要とする子どもに対し、適切な評価をおこない、子ども・保護者に個々の課題に応じたプログラムを提供するなど、子どもたち一人ひとりに合わせた発達支援をしています。

療育プログラム(事前申し込み制・有料) 2017年度も小学校高学年からの新規参加は受付けておりません。現在療育は大変込み合っております。ご了承ください。

初診面接相談

 精神神経科医師と職員により、保護者の方のご相談をお伺いしながら、子どものあそびの様子を拝見したうえで、診断、判定し、今後の療育について考えていきます。
 プレイセッションをご希望の方は療育方針を検討するために、初診面接相談は必ず受けていただきます。

プレイセッション

 プレイセッションをご希望の方は、最初に発達検査と初診面接相談を受けてください。 無題ドキュメント

対象
内容
回数
個別
幼児・小学生
低年齢はあそびを中心としたかかわり
就園・就学後は発達に合わせた机上課題にも取組む
通年実施
月2回〜4回
1回1時間
グループ
未就園
〜3歳児
個々の発達に合わせたあそびを中心としたかかわり
徐々に保育所、幼稚園に準じた様々な活動に取組む
通年実施
毎週1回
9:30〜11:30
3歳〜就学前
保育所、幼稚園に準じた様々な活動に取組む
幼児
5歳児が中心
個別で机上課題に取組む
グループでルールのある遊びに取組む

年2クール実施
1クール7回程度
15:00〜16:30

小学生
あそび
小学生
個別のかかわりを大切にしながら、グループでテーマに沿ったあそびに取組む
年2クール実施
1クール7回程度
16:00〜17:30
ワーク
小学生
グループのみんなでSSTや、課題に取組む

個別療育セッション

着席しての認知課題や(物の名前や概念)、模倣、要求等のコミュニケーション訓練、自由あそび場面でのかかわりなど、複数の課題を設定して行います。
ご自宅でも実施できるよう保護者同室で、保護者ご自身にも課題をしていただく場合もあります。
毎週月曜日実施。

発達相談・発達検査の実施

発達上の悩みや子育てについて、相談員がご相談をお伺いいたします。
また、発達検査も実施しております。必要に応じて関係諸機関をご紹介します。

お問い合わせ

療育プログラムは事前申し込みが必要です。
各プログラムにより実施曜日が異なりますので事前にお問い合わせください。

問合せ先 : 関西学院子どもセンター 発達支援事業 うぃんぐ
開室時間 : 月~金 9:30~17:00
TEL  : 0798-52-4371
FAX  : 0798-52-4372

このページの先頭に戻る