コースの特色

[ 編集者:国連・外交統括センター       2019年3月1日   更新 ]

1. 全科目英語・グローバルな環境

1

コース全科目の授業を英語、少人数かつ演習主体で実施し、海外大学院と同等のレベルで展開しています。

国連・国際機関職員へのキャリア形成を準備する「Career Seminar for International Organizations」や、国際機関のマネジメントやガバナンスを学ぶ「Management of International Organizations」などの演習をはじめとして、実際に国連・国際機関等で働くことを想定したカリキュラムを提供しています。

ヨーロッパやアジアからの留学生も交えた、グローバルな学習環境の中で、英語でのディスカッション、プレゼンテーション、リサーチなどを通じ、国際社会の現場で通用するコンピテンシーを養います。

コースカリキュラム別タブリンク

2. 国連等へのインターンシップ

1

将来に向けた実務経験を積む機会として、学生一人ひとりの専攻分野や研究テーマなどにあわせて、国内外の国連・国際機関や国際NGO、または外務省・政府系組織などの各事務所でのインターンシップ実習を行い、コースでの学びを深めます。

派遣先の検討、エントリーから実習まで、国際機関等で豊富な実務経験をもつ教員たちが学生をサポートします。

【これまでの派遣先】
 ・UNDP ネパール/バンコク/東京
 ・UNESCAP バンコク
 ・UNICEF ハノイ
 ・WHO神戸
 ・UNFPA東京
 ・JICA関西

インターンシップ参加報告別タブリンク

3. コース受講料無料

1

コース受講料は必要ありません(ただし大学院の学費は要)。

関西学院大学院では、授業料全額(初年度)、半額支給などの奨学金も充実しています。これらを活用することで、英米の大学院と比べて、半分以下の費用で学ぶことができます。

学費・奨学金別タブリンク

4. 長期的なキャリア支援

1

関西学院大学 国際機関人事センターでは、外務省国際機関人事センター等とも連携して、コース在学時から修了後も続くキャリアサポートを提供しています。

国連・外交コース履修生と修了生を対象としたキャリア・コーチングや、キャリアプランをマンツーマンで相談できるキャリア・カウンセリングなどを通じて、国連・国際機関へのエントリーからミッドキャリアまで長期的にサポートします。

関西学院大学国際機関人事センターのキャリアサポート別タブリンク

5. 国連・外交分野の経験豊かな教員陣

1

日本人初の国連職員で元国連事務次長の明石康教授をはじめ、国連・外交の第一線で活躍してきた教員陣が、実際の多国間交渉やプロジェクト推進などの経験をもとに、演習主体で徹底指導します。

担当教員ご紹介別タブリンク