2008.08.29.
東京丸の内キャンパス開設1周年記念 特別講演会開催(9/29,10/21,11/20)

関西学院大学東京丸ノ内キャンパスは、2008年9月、開設1周年を迎えます。

 東京駅に直結したサピアタワーにおいて、在校生の就職活動支援、教員の研究・教育活動サポート、生涯学習活動、同窓生のネットワーク構築など幅広い活動を続けております。

 地元関西に比べると、首都圏では今ひとつ認知度の低い関西学院大学を少しでも知っていただきたいと、国立大学をはじめとする13の大学と同じ屋根の下で切磋琢磨を繰り返す1年間でした。
 開設以来、教職員・在校生・同窓生など本学の関係者はもとより、各種シンポジウム、丸の内講座やその他の公開講座に幅広く一般社会人の皆様にも御利用いただき、この1年間で1万8千人にご来場いただきました。

昨年は、開設記念として、本学中等部の卒業生でもあられます聖路加病院理事長、日野原重明先生の講演会を企画いたしましたところ、定員を大きく上回るご参加を頂きました。
 本年も、開設1周年記念として、9月から3ヶ月間毎月1回の特別講演会を企画いたしました。奮ってご参加を頂きたいと存じます。

 今回の講師は、9月は、関西学院大学東京駐在教授で「ニュース ZERO」のメーンキャスターを務めております村尾信尚先生、10月は関西学院院長、ルース・M・グルーベル先生、11月は東京大学名誉教授でサイエンス映像学会会長、養老孟司先生にお願いを致しました。


日時・講師・演題:
9月29日(月) 13:00~14:30 
村尾信尚 「この眼で見た世界」 

10月21日(火) 13:00~14:30 
ルース・M・グルーベル 「アメリカ大統領選挙を左右する宗教の役割とは」

11月20日(木) 13:00~14:30 
養老孟司 「バカの壁を超えるサイエンス映像」

会場・定員:
9月29日 サピアタワー5階コンファレンスルーム 200名
10月21日 サピアタワー6階コンファレンスルーム 100名
11月20日 サピアタワー6階コンファレンスルーム 200名