公開 セミナー 無料 東京駅 大手町 大学 2020.10.06.
関西学院大学・日本関税協会・東京商工会議所 共催セミナー 第7回《ビジネスの流れを読む》

「 米国大統領選挙の結果と、これからの通商・貿易 」

11月3日に実施される米国の大統領選挙では、現職の共和党・トランプ氏が「米国第一主義」を掲げて、米国民の雇用維持のために貿易協定の見直し、海外進出米国系企業の回帰、メード・イン・アメリカ減税、通商上の対中依存からの脱却など、保護主義的な政策手段を実行していくとする一方で、民主党大統領候補のバイデン氏は、先端技術開発と製造業強化のための投資、クリーンエネルギーの大規模な開発・投資、貿易では関税政策に頼らないとするなど、経済・通商上で相異なる政策を掲げています。

 トランプ氏、バイデン氏はいずれも「重要な供給網を米国に取り戻す」というサプライチェーンにおける米国回帰を主張し、米国の雇用維持を重視していますが、通商・貿易上で米国優先を主張するトランプ氏と、同盟国や友好国との協力関係に注意するとするバイデン氏の間には大きな政策志向の違いがあります。国際的な経済・通商関係では、新型コロナウィルスの影響が予想以上に大きいという現実に直面していますが、本セミナーでは、今後の日本経済の行方を左右すると思われる通商・貿易面にスポットを当てて、解説と討議により米国の大統領選挙の結果が、これからの日本の対外通商関係や貿易にどのような影響を与え、また、日本の貿易構造はどのように変化していくのかについて検討を行います。

講座概要

 

(1)日 時: 2020年11月18日(水) 13:30-16:00

(2)テーマ:「米国大統領選挙の結果と、これからの通商・貿易」

(3)主催者: 関西学院大学、日本関税協会、東京商工会議所による3者共催

(4)形 式: Zoomによるオンラインセミナー

(関西学院大学 東京丸の内キャンパスからのリアルタイム中継)

(5)参加費:無料

        【定 員】オンライン200名   ☆定員になり次第、締め切らせていただきます。(先着順)

プログラム

       開会挨拶関西学院大学・日本関税協会・東京商工会議所              13301340

1.講 演 「米国大統領選挙の結果と、これからの通商・貿易」       13401445

三井物産戦略研究所 北米・中南米室長 山田良平氏

2.プレゼンテーション 「米国の社会・経済環境の変化と展望 -ビジネス・貿易の視点から」

SCMソリューションデザイン代表、                                                 14451505

神奈川大学経済学部 非常勤講師 魚住和宏氏

            ――― 休憩 (10分)―――

3.パネルディスカッション 「米国と中国、二大経済国とこれからの日本の通商・貿易」

パネリスト :山田良平氏、魚住和宏氏                             15151555

モデレーター:関西学院大学 フェロー 美野久志

閉会挨拶 関西学院常任理事 柳屋孝安

 ✾講師簡介✾

山田良平氏

1997年JETRO入会後、日本経済研究センター出向、JETROニューヨーク駐在(調査担当、2004/9-2010/2)、内閣官房(国家戦略室)出向、JETRO本部海外調査部の米州課長を経て、2016年1月三井物産戦略研究所入社、2017年4月から北米・中南米室長。米国の通商政策に詳しい。

魚住和宏氏

1981年味の素入社、1990/7-1997/6米国シカゴの現地法人で飼料用アミノ酸のマーケティング業務に従事した後、インドネシア駐在(2005/7-2007/6)等を経て本社グループ調達センターグローバル戦略グループ長、物流企画部専任部長、味の素物流理事等を歴任。2017年4月よりSCMソリューションデザイン代表。米国中西部のラストベルト問題に知見があり、ASEANの消費市場にも詳しい。

 お申込み方法

※お申し込みが定員に達したため、受付を終了いたしました。尚、キャンセル待ちは致しませんのでご了承ください。

 「Zoomの視聴」について

 視聴用のURLは、セミナー開催日の1週間前を目途にメールでお知らせ致します。

※視聴用URLは、お申込み本人様限りでご利用ください。

※視聴の際は、URLにアクセスいただき、「Zoomミーティングに参加する」をクリックして入室して下さい。

「質問」について

 ご質問については、可能な限り、お申込みの際に「オンライン申込みフォーム」の下部にあります「関心事項・質問」欄にご記入下さい(文字数:100字程度)。

 

【お問い合わせ先】

関西学院大学 東京丸の内キャンパス 担当:木村、吉村

E-mail open-seminar-tk@kwansei.ac.jp