2022.03.10.
【オンラインセミナー2022年4月9日(土)】第20回関学グローバル・カフェ グローバル・ポリシー研究センター(GPRC)主催

テーマ: ウクライナ侵略後の世界

ロシアによるウクライナ侵略は多くの犠牲者を出し、欧州だけでなく世界全体に大きな影響を及ぼしつつある。ロシアと西側との緊張は近年になく強まっており、大規模な戦闘の危険すらも懸念される事態となった。プーチンはどこまで強硬な姿勢を貫くのか、核の脅しが現実となる可能性はないのか、そして、彼の精神状態は――。ロシアの専門家を招いて、最新情勢を分析し、今後の展開について考察したい。

講 師

メインスピーカー: 池田 元博 氏 (日本経済新聞編集委員) 

1959年東京生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシア語科卒。82年、日本経済新聞社に入り、東京本社産業部、証券部などを経て90年から93年モスクワ特派員、97年から2002年モスクワ支局長。ソ連崩壊プロセスや98年の金融危機、政権交代などを現場で取材した。その後、ソウル支局長、論説副委員長を経て2019年から現職。この間、慶応大学特別招聘教授も務めた。著書は『プーチン』(新潮新書、2004年)など。関学グローバル・カフェの第9回会合(2017年5月20日)で「プーチンのロシアと世界」を論じた。

コメンテーター: GPRC代表・関西学院大学フェロー  小池 洋次

1974年横浜国立大学経済学部卒、日本経済新聞社入社。シンガポール支局長、ワシントン支局長、国際部長、日経ヨーロッパ社長、論説副委員長を経て、2009年から関学総合政策学部教授、2019年4月から現職。著書は『アジア太平洋新論』(日本経済新聞社)、『政策形成の日米比較』(中公新書)、『政策形成』(ミネルヴァ書房)など。和歌山県新宮市生まれ。

開催概要

・講座名: 第20回 関学グローバル・カフェ

・テーマ: ウクライナ侵略後の世界

・日 時: 2022年4月9日(土)  14:00~16:00

・開 催: zoomによるオンライン方式。

     申込いただいた方には、Zoom参加のための招待状のURLを送付します。

・参加費: 無料  ※要申込・どなたでもご参加いただけます。

・定 員: 100名

・お問合せ:hrkoike1022@yahoo.co.jp 小池、または東京丸の内キャンパス事務室 jyuku-tky@kwansei.ac.jp

参加申込み

  こちら

必要事項を入力の上、送信ください。

備考:グローバル・ポリシー研究センター(GPRC)は2012年に関西学院大学の組織として発足し、2013年度より東京での活動を強化。2019年度から独立して運営しています。