関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 東京丸の内キャンパス > 2011年のニュース > 5月8日(日)『東京オトナ大学』開講

5月8日(日)『東京オトナ大学』開講

  •         

[ 編集者:東京丸の内キャンパス   2011年4月15日 更新  ]

5月8日(日)東京丸の内キャンパスが入居するサピアタワーにおいて、ビルに入居する大学の教授による「無料体験型」の開放講座『東京オトナ大学』が実施されます。

関西学院大学からは、村尾信尚教授(NEWS ZEROメーンキャスター)と総合政策学部畑祥雄教授が講演いたします。

■基調講演
・講師;村尾信尚 教授
・内容;それでも私たちは立ち上がる
人口減少、財政危機などの困難を抱えた日本。その日本を襲った3月11日の大地震。私たちは立ち上がれるのか。また、どのように立ち上がるのか。国難ともいえる危機に直面し、今問われるのは私たちの理性と行動力です。

・時間:14:45~15:45(開場 14:15)
・定員:300名(定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。)

■講演会
・講師;畑 祥雄 教授
・内容;「放送コンテンツから電子図鑑を創る]
~ 新しい情報文化産業で貢献する日本の姿 ~
~ 大学が担う開発力とスピードで世界に挑む ~
出版と放送は密接な関係にある。放送は番組のネタで出版の知の体系に頼り、出版は収益源をヒット番組に頼る。しかし、二つは別業界である。タブレット端末により出版界は「電子書籍」に進み、放送界は「電子図鑑」に進む。グローバル時代に日本の情報文化産業に大変革が可能か、大震災後の日本とソーシャルビジネスの関係は‥。

・時間:13:00~14:30
・定員:30名(定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。)

*イベントの詳細は、下記リンクからHPを参照ください。

この他、基調講演では、JAXA宇宙科学研究本部 川口淳一郎氏による『はやぶさ』の打ち上げから帰還までの7年間の飛行運用などについてのお話。そして関西大学、甲南大学、立命館大学の各教授による講演会が予定されています。






このページの先頭に戻る