遺失物・拾得物

[ 編集者:学生活動支援機構       2016年12月16日   更新  ]

学生課や各事務室に届けられる拾得物は、財布などの貴重品からノートや本にいたるまで、年間数千件にのぼっており、年々増加しています。各自の持ち物には、必要に応じ学生番号や氏名を書くなどし、自己責任でしっかりと管理できるようにしてください。

持ち物を遺失したら

学内での遺失物は、学生課または各建物の事務室に届けられ保管されます。物品を遺失した場合は、遺失したと思われる建物の事務室または以下の取扱窓口に確認してください。

【取扱窓口】
○西宮上ケ原キャンパス 学生課(学生サービスセンター1階)
○神戸三田キャンパス  キャンパス事務室(アカデミックコモンズ1階)
○西宮聖和キャンパス  キャンパス事務室(1号館2階)


■持ち主が特定できる拾得物は、教学Webサービスで連絡します。連絡を受けたら速やかに引き取りに来てください。(所持品に氏名等を記載しておくと持ち主が特定されやすいでしょう)

■財布・学生証等の貴重品、携帯音楽機器、USBメモリー類など学生課でまとめて保管している拾得物もありますので、学生課のカウンターで尋ねてください。取り扱い物品や取り扱い部署については以下の添付文書を参照してください。

■保管期間は各キャンパス、また物品により異なり、上ケ原キャンパスでは1週間から3ヶ月です。期限を過ぎた物品は最終的に西宮警察署に届けられるか廃棄処分となりますので、遺失した場合は早めに確認しに来てください。

■遺失物を受け取る際には、学生証が必要です。受け取りの際に、学生証を提示してください。

遺失物・拾得物の取扱_上ケ原PDFファイル   [ 96.67KB ]

構内で物を拾ったら

落とし物を拾得した場合は、学生課(上ケ原キャンパス以外のキャンパスでは、キャンパス担当事務室)または拾得した場所の最寄りにある建物の事務室に届け出てください。

盗難に注意

学内で盗難・置き引きの事故が増えています。大学は学生以外にも多くの人が出入りする場所です。各自の持ち物(特に現金や貴重品)の管理には十分注意を払い、盗難の発生を未然に防ぎましょう。特に、貴重品の入った荷物を教室や食堂に置いたまま席を立つ姿を見かけます。盗難防止のためには、貴重品は必ず持ち歩くなど、自己管理に努めましょう。

●教室、図書館、食堂などで荷物を置いたまま席を立たない
●現金、カード類は常に身につけておく
●自転車・バイクには必ず厳重に鍵をかける(二重ロック)