2011.07.07.
自転車運転中のイヤホンは禁止→罰則!

 最近、関学生の自転車マナーが悪いとのお叱りを受けています。特にヘッドホンやイヤホンで音楽を聞きながら自転車の運転する関学生が多く、自動車に気づかず危うく事故を起こしそうになったという報告を多く受けております。

現在道路交通法では安全な運転に必要な周囲の音声が聞こえない程度の音量で、カーラジオを聞いたり、ヘッドホンやイヤホン等を使用してはいけない決まりとなっており、違反者には5万円以下の罰金に処せられます。

実際、他県でも違反した未成年者が同法により処罰されています。

事故を起こさないためにも、違反行為は絶対にしないでください。なお、詳細は添付資料(兵庫県警HP抜粋)を参考にし、交通ルールを遵守するようにしてください。

※バイクについても同様に関学生の交通マナーが悪いという指摘を受けています。特に一旦停止や交差点での減速は徹底してください。

自転車取締りの強化(兵庫県警HP)[ 235.85KB ]PDFリンク