2009.01.30.
振り込め詐欺被害防止及び犯罪への加担行為の未然防止について

○振り込め詐欺被害防止について
 最近、携帯電話のアダルトサイトの閲覧料やインターネット利用代金の未納を装い、「架空請求詐欺」の被害が増加傾向にあり、大学生の被害が多発しています。犯人側は、当初は数万円の閲覧料等を請求し、代金が振り込まれると更に延滞料や解約料等の名目で新たに法外な料金を何度も請求してきます。
 被害に遭わないためには、利用した可能性があってもメールに記載された犯人側の電話番号には絶対に架電せず、最寄の警察署・交番・駐在所に相談してください。

○犯罪への加担行為への未然防止について ~通帳や携帯電話の転売~
 金融機関で預金通帳を開設したり、携帯電話会社で携帯電話機の利用契約を交わすなどして取得した「通帳や携帯電話を転売する行為」は、犯罪となります。携帯電話のインターネット上(裏サイトの掲示板など)には、振り込め詐欺に利用される口座や携帯電話を不正に売買する、違法な情報が氾濫しています。未成年者がアルバイト感覚で口座開設や携帯電話の契約を不正に行い、逮捕された事例もありますので注意してください。

兵庫県は全国的にも振り込め詐欺が多発していますので、被害に遭わないよう、犯罪に加担しないよう注意してください。