関西学院大学 理学部
南極天文学研究室
中井 直正(なかい なおまさ)教授

地上最高の天文観測環境にある南極高原地帯から遠い宇宙を観る
 - 主として電波観測によって銀河、銀河系、活動的銀河中心核(AGN)、 巨大ブラックホール等の研究を行っています。また優れた観測を行うためには優れた望遠鏡が必要です。 そのため望遠鏡の開発も行っています。特に、 地上で唯一最高の天文観測拠点となる南極高地に超広視野電波望遠鏡を建設して南極天文学を 目指します。


web展示用ポスター_中井直正教授