関西学院大学 理学部
分子分光イメージング研究室
重藤 真介(しげとう しんすけ)教授

ラマン光で観る複雑分子系 ~細胞から材料まで~
 - 振動スペクトルは「分子の指紋」と呼ばれ、分子の個性や構造、その周辺のミクロな環境を鋭敏に反映します。私は、先端的な分光計測手法を駆使し、液体・溶液中あるいは生きた細胞中の分子の振動スペクトルを測定、解読することによって、それらの分子が織りなす様々な化学・生命現象の解明を目指しています。


web展示用ポスター_重藤真介教授