関西学院大学 工学部
物質設計理論研究室
若林 克法(わかばやし かつのり)教授

理論および計算科学手法を用いて、さまざまなナノスケール材料における電子物性を研究
 グラフェン、遷移金属ダイカルコゲナイド系物質などの原子膜物質では、ナノスケール効果や端や表面・界面での幾何学効果によって、電子物性が強い変調を受ける。原子膜物質における電子物性を理論および計算科学の手法によって解明し、新機能設計や物性予測を行っている。


web展示用ポスター_若林克法教授