関西学院大学 工学部
ナノスケール構造物性研究室
藤原 明比古(ふじわら あきひこ)教授

基礎物質科学によりエネルギー材料開発を加速します
 物質科学、放射光分析を基盤に、エネルギー関連材料の精密分析を行い、新規材料の設計へとつながる研究を推進しています。現在は、次世代ディスプレイ制御素⼦⽤アモルファス酸化物半導体や光で充電可能な⾼容量電池正極材料を中⼼に、構造・物性評価からデバイス開発まで推進しています。

web展示用ポスター_藤原明比古教授

 コンテンツ

  【研究内容紹介動画】藤原明比古研究室

【動画】「とびら」~未来を拓く知の創造~

【動画】放射光を用いた環境・エネルギー関連材料分析・評価技術

【動画】巨大なリングが発する光で観る世界

【動画】放射光が解き明かす驚異のナノ世界
~百聞は一見にしかず~