関西学院大学 生命環境学部
海洋生命理工学研究室
松田 祐介(まつだ ゆうすけ)教授

海洋性珪藻は地球全体の20%のCO2を固定する重要生物
 このCO2固定能力の仕組みを解明し、環境・食糧問題に役立てます。また、珪藻が持つ精緻なガラスの殻を作る能力を、次世代機能材料作製に応用します。
(キーワード:植物環境応答・海洋性珪藻・ナノバイオテクノロジー)


web展示用ポスター_松田祐介教授

 コンテンツ

【動画】知スペシャリスト

ソムリエ岡さんとの対談 産官学ニューズレター「とびら」No.08


【論文1】Thylakoid luminal θ-carbonic anhydrase critical for growth and photosynthesis in the marine diatom Phaeodactylum tricornutum



【論文2】Metabolic Innovations Underpinning the Origin and Diversification of the Diatom Chloroplast

【論文3】Plasma Membrane-Type Aquaporins from Marine Diatoms Function as CO2/NH3 Channels and Provide Photoprotection