日商簿記3・2級講座【上ケ原】

各種講座説明会スケジュール

<ハイブリッド型:対面+同時双方向オンライン併用型>
・実施会場を設けて「対面形式」で説明会を行います。加えて「同時双方向型オンライン形式(Zoomオンライン)」でも配信いたします。
・「対面参加」または「オンライン参加」、参加形式は「どちらでも自由に選択いただくことが可能」となっています。
・講座について詳しくお話させていただくことに加え、個別質問についても対応させていただく機会も設けさせていただきます。
・原則「事前申し込みは不要」となっています。*事前予約をいただく場合は、こちらのページでご案内いたします。
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止または変更となる場合がございます。最新の情報はこちらのページをご確認ください。

講座名

開催日時

実施形態

開催会場
参加 ID・パスワード
日商簿記講座(3級・2級)              

ガイダンスレジュメ
(4/7、4/8)

ガイダンスレジュメ
(9/8、10/25)
    

4/7(木)
12:45~13:45
ハイブリッド型 
(対面:上ケ原キャンパス)

4月7日説明会録画映像
パスワード:Tac0407bk#

4/8(金)
17:00~18:00
ハイブリッド型 
(対面:上ケ原キャンパス)
9/8(木)
12:45~13:45
ハイブリッド型 
(対面:上ケ原キャンパス)

9月8日説明会録画映像
パスワード:Tac0908bk#

10/25(火)
17:00~18:00
ハイブリッド型 
(対面:上ケ原キャンパス)
上ヶ原キャンパス<H号館-302教室>

オンラインガイダンス

ゼロから教えて!「会計系資格」ガイダンス
関連ページへのリンク

講座概要・特色

「日商簿記3級講座」、「日商簿記2級講座」とも基礎から始めて1回の受験で合格を目指すカリキュラムです。3級、2級とも、まず丁寧な解説で基本項目の理解を深めます。その後、直前対策で、実際の検定と同じ構成の問題を解き、答案作成の練習と知識の総まとめをして本番に備えます。日商簿記3級のみの資格取得を目指す人も、2級からその先の資格取得を目指す人にとっても、無駄なく効率よく学習できるカリキュラムによって、試験に備えることができます。

簿記とは?

簿記とは、企業の日々の経営活動を記録、計算、整理して、経営成績と財政状態を明らかにする知識及び技能です。簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけでなく、財務諸表(決算書類)を読む力、経営管理や分析力、さらにはビジネスの基本であるコスト感覚も身につきます。したがって、経理担当者等だけではなく、全ての社会人にとって必須の知識であると言えるでしょう。

日商簿記とは?

日商簿記検定試験は、各地商工会議所が主催する検定試験です。年間40万人が受験しています。毎年2月、6月、11月の3回実施されるペーパー試験(統一試験)と、3級、2級については随時受験が可能なCBT方式によるネット試験も実施されています。今後も受験の機会が増え、受験者数も増えると予想、今まで以上に取得ニーズの高い資格となると言えるでしょう。

日商簿記3・2級講座 パンフレット

参考ホームページ (外部リンク)

※外部リンク協力会社:TAC株式会社

問い合わせ

エクステンションプログラム受付メール: extension@kwansei.ac.jp

専用電話番号