学校評価

関西学院では、学校教育法の改正を契機として大学以外の諸学校においても各学校が互いに連携をとりながら整合性のとれた学校評 価(以下、自己点検・評価)を実施する制度を構築しています。

回答いただきましたアンケートの結果を集計、分析したものを参考に自己点検・評価結果をまとめ、学院総合企画会議 内部質保証部会において承認されたものを以下に公表いたします。

2020年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2020年度 関西学院千里国際中等部・高等部 学校評価を終えて (学院総合企画会議 内部質保証部会にて2021年3月19日承認)PDFリンク

2019年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2019年度 関西学院千里国際中等部・高等部 学校評価を終えて (学院総合企画会議 内部質保証部会にて2020年3月13日承認)PDFリンク

2018年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2018年度 関西学院千里国際中等部・高等部 学校評価を終えて (関西学院評価推進委員会にて2019年3月15日承認)PDFリンク

2017年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2017 年度 関西学院千里国際中等部・高等部 学校評価を終えて(関西学院評価推進委員会にて2018年3月9日承認)PDFリンク

2016年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2015年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2014年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

2013年度までは、千里国際中等部・高等部別々の集計・公表行っておりましたが、2014年度から、両校共通の集計・公表といたしました。

2010年度 関西学院千里国際中等部・高等部学校評価

関西学院では、学校教育法の改正を契機として大学以外の諸学校 においても各学校が互いに連携をとりながら整合性のとれた学校評 価(以下、自己点検・評価)を実施する制度を構築しています。

その第3回目である 2010 年度から関西学院千里国際中等部・高等 部(SIS)もこれに参加し、それぞれの学校が共通の評価項目とし て学校評価ガイドライン(文部科学省、2008 年1月 31 日付)で示され た 12 項目の中から「教育課程・学習指導 Curriculum」「生徒指導 Student Guidance」「安全管理 Security Management」を選び、さらにSISは独自 項目として「情報提供 Provision of Information」「Two schools together」 「5 Respects」「学習環境 Educational environment」「特別支援教育 Education for Special Needs」を加えて実施しました。2010 年度の実施 にあたっては、それぞれの評価項目について生徒・保護者・教員の ご意見を伺うためにアンケートを行い、客観性を高める工夫をいた しました。今回のアンケートでは、初の試みとして、ネットワーク 上の設問に各自が答える形式を採用しました。匿名性の確保にも十 分留意し、無事終えることができました。

回答いただきましたアンケートの結果を集計、分析したものを参 考に自己点検・評価結果をまとめ、関西学院評価推進委員会(2011 年 3 月 25 日)において承認されましたのでホームページ上に公表い たします。

アンケート質問項目中「16) 学校で自分らしく楽しく過ごしていま すか?」については、ほとんどの生徒が「過ごしている」と回答しています。自分たちの目指している教育が結実していると の思いを新たにいたしました。さらに喜ばしかったのは、SISが 最も大切にしている「5 Respects」に対する生徒・保護者の評価が高 かったことであり、これを関西学院のキリスト教主義教育へいかに つなげていくかという新たな課題の提起とも受け止めております。 さらに、その他の質問を通じていくつかの課題も浮かび上がって参 りました。SISはこれからも自己点検・評価を通じて自らその課 題を探り、その課題に誠実に向き合って改善することによって質の 高い教育を生徒に提供し、また、その結果を社会に公表することに よって信頼を高め、課題意識を共有していく所存であります。

Line