2022.02.16.
保健師・「生」教育アドバイザーによる講演会が行われました

2月14日の9年生のLHRの時間に保健師で「生」教育アドバイザーの大石さんに来ていただき、性教育講演会を行いました。
色々な機会に考えるきっかけをつくっておりますが、やはり今回は対面で登壇して頂けたのは生徒たちにとっても良かったようです。
男子と女子の性欲の違いを示すグラフや、妊娠した際の様々な選択肢とその方法を具体的に示していただくなど、想像しにくいことを「なるほど」と感じることができるお話でした。性について知るからこそ、性の問題についても知ることがてきたり、考えたりできるのだと学ぶ機会になりました。


 
(生徒の感想)
今までなんとなく「性教育は大切だ」とは思っていましたが、今日のお話で「性は自分のからだだけでなくこころや他の人をも巻き込む可能性のあるものなんだ」ということを知ることができました。全世界の私たちのような年代の人たちがこういった正しい、細かい性教育を受けることができれば、性に関する問題の数は減るのかなとも思いました。改めて、ありがとうございました。