2021.10.01.
「AI活用プログラミングワークショップ」のお申し込みについて

関西学院千里国際「AI活用プログラミングワークショップ」

関西学院におきましては、AI(人工知能)活用人材教育やプログラミング教育について、国内外から注目される最先端の取り組みを実践しております。

その一環として、関西学院千里国際中等部・高等部では、小学生5年・6年児童を対象に、AIを活用できる思考力やプログラミング的思考力を身につけるためのワークショップを開催します。今回のワークショップでは、“AI活用 for School with COVID-19”というテーマで、AI機能を組み合わせることによって学校生活の中の課題を解決するプログラムを、ビジュアルプログラミング言語“Scratch”を用いて実際に作ってみます。AIに関する知識やプログラミングスキルは特に不要です。このワークショップをきっかけとして、AIを活用するとはどういうことか実感し、自ら手を動かしてAIアプリを開発して世の中の問題解決に役立てることの喜びを知り、今後の学習の動機付けになることを目指しております。

このワークショップは、関西学院大学 副学長・AI活用人材育成プログラム統括・工学部の巳波みわ教授の指導の下、千里国際中等部・高等部の生徒たちが中心となり、AI活用プログラミング教育を実践する関西学院大学の学生団体Think Thinkingとともに 企画・運営 をいたします。 

ワークショップに参加を希望する児童の保護者の皆さまは、以下をご確認いただき、申し込みをお願いします。


【日 時】:2021年10月23日(土)    

    ・受付開始:13時00分 ・ワークショップ:13時30分~16時10分    

    ・ワークショップ開始の5分前には受付を終了してください。

【場 所】:関西学院千里国際キャンパス   

    〒562-0032 大阪府箕面市 小野原西 4-4-16

【人 数】:小学生5年・6年の児童 (定員20名)

【申 込】:応募者多数のため新規お申し込みは終了いたしました。ありがとうございました。
 

【注意事項】:

 ・ご参加のお子様1名に対し、付き添いの保護者様も1名までとさせていただきます。
 ・お子様の送迎は、保護者さま責任の下でお願いいたします。
 ・お車でのご来場はご遠慮ください。
 ・可能な限りネットワークに接続可能なノートPC(Windows/Macbook/Chromebook)をご持参ください。(デバイス貸出対応しております。必要な場合は当日スタッフにお申し出ください)
 ・ワークショップ中の飲食はできませんが、水筒など蓋付容器での持ち込みは可能です。
 ・当日の様子を撮影し本校 Web ページや Facebook 等で公開させていただくことがあります。
 ・今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催形式が変更となる可能性があります。

【当日の感染症対策について】:

 ・入館前に必ず「不織布マスク」を着用し、常時着用をお願いします。
 ・受け付け時に検温を行います。体温が37.5℃以上の方は入館できません。
 ・喉の痛み、鼻水、咳、腹痛など、何らかの体調不良の症状がある場合、入館できません。
 ・受け付け後、玄関に設置してあります手洗い場で、石鹸で手を洗っていただきます。
 ・常に1m以上距離を取るようにしてください(ご家族内はこれに限りません)。
 ・指定された席がある場合は、そちらに着席してください(保護者の方の観覧エリアが指定されています)
 ・会場内での大きな声での会話は控えていただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ:入学広報センター(072-727-5070 または sis_apr@soismail.jp)