2021.02.05.
12年生の授業のためのスペシャルゲスト! from 関西学院大学

本校12年生の授業「ビジネスモデル及び地域活性政策ゼミ」に関西学院大学キャリアセンター長の森隆史先生、IBA(経営戦略研究科)のポール・キャンドランド先生を講師にお招きし、グローバルにビジネスを行う視点のご助言をいただいております。

キャリアセンター長の森先生は「 Camping Campus 」を推進されており、関西学院の様々な取り組みやブランディングについてお話いただきました。4月から関西学院大学生になる高校生や、他の進路を選択している生徒も、森先生のお話から「弱点を特徴に変えると強みになること」・「自分の弱さに向き合うこと、弱みの中に強みが見えてくること」を学ぶことができました。なかなか難しいことですが、この言葉がきっと生きてくるのは社会人になってからかもしれませんね。

また、ポール先生にはコロナ禍やアメリカ大統領選挙後の世界の動きをしっかりと見据えていくこと、またそのような社会で競争していくために必要なスキルについての講演をいただきました。実はポール先生のお話は人として生きていくのにとっても大切な基本だということに・・・高校生は気づき始めていました。最後に高校生たちから先生方への質問もさせていただきました。「成功している人たちに共通していることは?」とうかがうと「簡単にあきらめないことだよ。難しいことに直面しても続けることが大切だよ」と教えていただきました。
ああ何事にも前向きに負けない気持ちを持つこと、本当に今まさに私たちに求められているレジリエンスだなあと一教員として気づいた次第です。

社会科 齊藤芙美