ワールドスカラーズカップ 関西ラウンド優勝 グローバルラウンド準優勝

[ 編集者:千里国際      2018年6月25日   更新  ]

関西ラウンド

中学・高校の部で優勝 その他の生徒も大健闘

World Scholar's Cup KansaiRound 2018

5月5日~6日、15チーム45人のSOISの生徒がワールドスカラーズカップ関西ラウンドに参加し、OISのTyus Sheriff, Skye Inada, Minami Matsushimaチームが高校の部で優勝、チルダース優花、小川幸姫、藤原里音チームが中学の部で優勝を果たしました。個人の部では、Tyus Sheriffとチルダース優花がそれぞれ高校の部・中学の部の最高点をたたき出して優勝しました。また、全チームが6月にクアラルンプールで行われる世界ラウンドへの出場権を得ました。

グローバルラウンド

準優勝など大きな成果

WSC2018GlobalRound

6月18日~23日、15人のSISの生徒と24人のOISの生徒が、マレーシアのクアラルンプールで行われたワールドスカラズカップのグローバルラウンドに参加しました。ジュニアチームは参加チーム全てが上位25%に入り、エール大学でのチャンピオン大会への出場権を獲得。シニアチームは8チーム中6チームが出場権を獲得しました。Tyus Sheriff君、Skye Inada君、Minami MatsushimaさんのOISチームはワールド・シニア部門の2位、またTyus Sheriff君は2500人余り参加者の中での個人部門のトップスカラーに選ばれました。