経営者支援

[ 編集者:社会連携センター          2014年7月31日   更新  ]

地域経済のために、関西学院大学は何ができるのか?

関西学院大学では、教育・研究により得た知的資源を社会に提供し、大学の第三の使命と言われる“社会貢献”を果たしてきました。
そして、さらなる発展を図るべく、これからの社会の活性化の鍵を握る起業家や経営者にも、画期的なサポートシステムを用意しています。

起業家・経営者を総合支援

経営・起業・技術相談から融資投資までビジネスを全面サポート。

優れた技術力や画期的なアイデアを持つ起業家・経営者のために、人文科学、社会科学、自然科学の各分野の専門家を擁する総合大学ならではの支援を展開。 例えば、ビジネスクリニックでは、経営や技術のコンサルティングや法務・税務相談などを実施します。 さらに、関西学院大学なら、資金面においても支援を行います。 池田泉州銀行との提携投融資制度を設けるなど、ビジネスを全面的にサポートする体制を整えています。

ビジネスクリニック

関西学院大学の優れた人的資源をフルに活用して、各種の経営・起業・技術相談に無料で応じます。
関西学院大学の各教育・研究分野を網羅した総合的能力をひとつの窓口にまとめて、多様な要請にお応えします。

経営・技術相談

事業の立ち上げや日常の経営、研究開発に関わる技術上の問題など、ビジネスに関するさまざまな相談に応じます。
また、企業や公共機関からの受託研究や共同研究の申し込みも、この窓口を通じて受け付けています。

法務・税務相談

会社の法律的な悩みや資金計画など、本学出身の弁護士、税理士、司法書士などの専門家が、会社設立・運営に関わる法務・税務面での相談に応じます。

池田泉州銀行との提携投融資制度

地元経済の活性化の実現を目的に、池田泉州銀行との提携投融資制度を発足。新規性・独自性のビジネスプランを持つ将来性に富んだ企業・事業者やこれから起業をめざす方に、審査の上で融資・投資を行います。

池田泉州銀行との提携投融資制度活用例

技術力とアイデアにあふれる起業家を全面的に支援。

本制度を利用して、オリジナリティあふれる技術力とアイデアをもとに、ビジネスを軌道に乗せているアントレプレナーがいます。例えば、主に阪神間でインターネットを中心においた地域メディア連携を提案している株式会社Link-efを在学中に起業した松本恭輔さん。
「地域メディア連携によって街のコンテンツをプロデュースし、みなさんと共に成長していけるまちづくり事業をめざします。」
また、次世代GPSでシェア独占をめざすマゼランシステムズジャパン(株)社長であり、本学の卒業生でもある岸本信弘さん。人工衛星を活用して自分のいる位置を把握できるGPSをあらゆるタイプの携帯電話に搭載できるシステムの開発に尽力しています。
これからも関西学院大学は、ベンチャー企業を支援し、地域の経済活性化に貢献していきます。

関西学院大学商学部卒業(株)Link ef松本恭輔さん

関西学院大学神学部卒業 マゼランシステムズジャパン(株)社長
岸本信弘さん

関西学院大学神学部卒業マゼランシステムズジャパン(株)社長岸本信弘さん

関西学院大学神学部卒業 マゼランシステムズジャパン(株)社長
岸本信弘さん