2015.12.08.
関西学院大学・神戸新聞社連携協定記念シンポジウムを開催しました

関西学院大学・神戸新聞社連携協定締結記念シンポジウム

村尾信尚 関西学院大学教授 基調講演

村尾信尚 関西学院大学教授 基調講演

基調講演「地域力再発見-地域×大学×新聞社の相乗効果-」村尾信尚 関西学院大学教授

パネルディスカッション「地域と情報発信力をいかした地域共生」

関西学院大学と神戸新聞社は12月5日、神戸クリスタルタワーで包括的な連携協定を締結しました。人口の減少や少子高齢化をはじめとする地域課題の解決やIT企業家の育成など具体的な事業推進を目的とし連携をすすめてまいります。

シンポジウムでは村尾信尚関西学院大学教授が「地域力再発見-地域×大学×新聞社の相乗効果-」をテーマに基調講演を行い、ニュースの現場から感じるコミュニティの力の可能性について述べました。
パネルディスカッションでは木本圭一関西学院大学研究推進社会連携機構社会連携センター長(国際学部教授)、太田貞夫神戸新聞社神戸新聞パートナーセンター長、田中まこ神戸フィルムオフィス代表がパネリストとして登壇し「知力と情報発信力をいかした地域共生」をテーマに地域社会の課題や大学、新聞社の連携によって生み出される相乗効果など活発な議論が行われました。

関西学院大学・神戸新聞社連携協定締結記念シンポジウム式次第 PDFリンク [ 691.22KB ]

神戸新聞社と包括的連携協定を締結 News お知らせリンク