関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > 社会連携センター > 2018年のニュース > 【10/9(火)まで!】「KGビジネスプランコンテスト2018」応募受付中です!

【10/9(火)まで!】「KGビジネスプランコンテスト2018」応募受付中です!

  •         

[ 編集者:社会連携センター   2018年9月21日 更新  ]

9/25(火)「計画書の書き方」説明会を開催します!

17:00~18:00、西宮上ケ原キャンパスG204教室で

「KGビジネスプランコンテスト2018」は10/9(火)を締切として応募受付中です!

「アイデアはあるけれど、事業計画書に落とし込むことが難しい…。」そんな方は、ぜひ9/25(火)の説明会にご参加ください!

みなさんの柔軟な発想によるプランをお待ちしています!

※「KGビジネスプランコンテスト2018説明会」の詳細は以下リンク先をご覧ください。

「KGビジネスプランコンテスト2018」

研究推進社会連携機構社会連携センターでは、学内の起業文化の創出を図るため、「KGビジネスプランコンテスト」を開催し、今年で13回目を迎えます。
自分が持っている力(アイデア、スキル、課題解決等)を駆使して「新しく事業を起こす力」試そう!

応募期間

2018年7月2日(月)~2018年10月9日(火)

対象 ※全部門 個人、チームどちらでの参加もOK

大学部門

「関西学院大学・聖和短期大学」の学生、大学院生が『代表者』となり、『二次審査、最終審査会においてプレゼンテーションを行う』こと。高校・中学校部門対象者で本人が特に希望する者も応募可とする。

高校部門

関西学院高等部、関西学院千里国際高等部、関西学院大阪インターナショナルスクール高等部、
啓明学院高等学校、三田学園高等学校(関学クラス)、帝塚山学院高等学校(関学クラス)

中学校部門

関西学院中学部、関西学院千里国際中等部、関西学院大阪インターナショナルスクール中等部、
啓明学院中学校、帝塚山学院中学校(関学クラス)

◇テーマ提供機関、企業、団体と指定テーマ◇

 ◎関西学院大学理工学部人間システム工学科山本倫也研究室
  ①コミュニケーションロボットの活用
   ・社会課題の解決を目指すビジネスモデル
   ・暮らしを豊かにするビジネス提案
   ・人とロボットが共存するビジネス展開     など
   <テーマ説明動画>
   


 ◎国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  ②人工衛星のデータを活用したビジネスプラン
  ③宇宙ゴミ(スペースデブリ)対策におけるビジネスプラン
  ④宇宙食を活用したビジネスプラン
  ⑤宇宙を楽しむビジネスプラン
  <テーマ説明動画>
  
   ※「指定テーマ」の技術説明については以下pdfファイルをご覧ください。


 ◎国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
  ⑥ええっ!脳が透けてみえる?…考えていることがわかる技術が確立された際にやってみたいビジネ
   スプラン
  <テーマ説明動画>
  
  ⑦免許不要な時代到来?!…自動運転の時代が到来した際に考えられるビジネスプラン
  <テーマ説明動画>
  
   ※「指定テーマ」の技術説明については以下pdfファイルをご覧ください。


 ◎株式会社イトーキ
  ⑧“働く”を取り巻く環境に向けた新しい商品やサービスのビジネスモデル
  ⑨イトーキが開発した「非接触給電技術」を活用したビジネスアイデア
  <テーマ説明動画>
     
   ※「指定テーマ」の技術説明については以下pdfファイルをご覧ください。


 ◎SNAP(※)
  ⑩学生×大学×企業のコラボレーションで、大学キャリア教育を更に発展させていくことができる特
   別プロジェクトの提案
  <テーマ説明動画>
  
 ※SNAP:「採用を通じて、日本を、熱くする、プロジェクト」の略。
  <プロジェクト参加者(以下企業の有志参加者で構成)>
   トヨタ自動車、日本ガイシ、アドヴィックス、トヨタファイナンス、マキタ、
   トヨタコネクティッド、村田製作所、ワークスアプリケーションズ、栄光、
   リンクアンドモチベーション
  <設立の背景>
   若者に向き合う大人は、志を持ち、熱く、本気で生き、その背中を若者に示せているのか…?答え
   はNOだ。だからこそ、若者に最も接する大人である「採用」が、どう生き、学生に何を語るの
   か…。それは日本の未来にとって、極めて重要なこと。だからそこ、経団連でもなく、政府でもな
   く、志のある大人が産学で集い、「採用」について本質的に議論をし、学生に、社会に、然るべき
   発信をし、「採用」を通じて、結果的に日本を熱くし、元気にしていく。そんなプロジェクトで
   す。

 ◎自由テーマ:地域やグローバルな社会課題解決のアイデアや日常生活の周りにあるアイデアをヒント
        にした事業、大学の研究シーズを活用した事業など、市場性を分析し、事業化に向けた
        具体性のあるビジネスプランを募集する。
  ⑪自由テーマ

応募方法

所定の事業計画書に入力のうえ、①~③のいずれかの方法でご応募ください。
①研究推進社会連携機構宛メール送信(kgbpc@kwansei.ac.jp)
  ※大学部門の応募については本学メールアドレス「~@kwansei.ac.jp」より発信するようにしてく
   ださい。
   受信後3日以内に受領完了メールを送信します。メールが届かない場合は事務局まで連絡くださ
   い。
②プリントアウトして研究推進社会連携機構事務室に持参(西宮上ケ原キャンパス本部棟2階)
③プリントアウトして研究推進社会連携機構に郵送
  【郵送先】 〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
         関西学院大学研究推進社会連携機構 KGBPC事務局

審査基準

“Mastery for Service”の精神を基盤とし、以下の3つの基準で審査します。
①課題に対する解決方法が明確であること(技術、ビジネスモデルの説明が明確か)
②新規性・創造性があること
③事業化の可能性が高いこと

選考スケジュール

大学部門

一次審査(書類審査)         :10月26日(金)
ブラッシュアッププログラム      :11月1日(木)~9日(金)(予定)
二次審査(プレゼンテーション審査)  :11月10日(土)13時~
                    (場所:西宮上ケ原キャンパス)
最終審査(公開プレゼンテーション審査):11月25日(日)10時~
                    (場所:西宮上ケ原キャンパス)

高校・中学校部門

一次審査(書類審査)         :10月26日(金)
ブラッシュアッププログラム      :11月1(木)~11月9日(金)(予定)
最終審査(公開プレゼンテーション審査):11月25日(日)10時~
                    (場所:西宮上ケ原キャンパス)

審査員

◇審査員◇
 関西学院大学学長 村田 治氏
 株式会社池田泉州銀行執行役員 阪口 広一氏
 株式会社イトーキ代表取締役社長 平井 嘉朗氏 
 ライク株式会社代表取締役社長兼グループCEO 岡本 泰彦氏
 株式会社サンワカンパニー代表取締役社長 山根 太郎氏
 株式会社ROUGH LABO代表取締役 山本 宝氏

各賞

大学部門

最優秀賞(20万円)・1件、優秀賞(10万円)・1件、他
優秀なプランには『KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2019』や「平成30年度起業家甲子園」の近畿地区大会である『ミライノピッチ』出場権獲得のチャンスがあります。
※『KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2019』
  …京阪神の国立、公立、私立大学主催によるビジネスプランコンテストの上位入賞者がグランプリを
   競う大会。
 『起業家甲子園』『ミライノピッチ』については以下リンク先をご覧ください。
 (昨年度開催分です。今年度分は公開され次第アップします。)

高校部門

最優秀賞(図書カード3万円)・1件、優秀賞(図書カード1万円)・2件、他

中学校部門

最優秀賞(図書カード3万円)・1件、優秀賞(図書カード1万円)・2件、他

他、テーマ提供機関による表彰もあります!

テーマ提供機関による表彰ではPricelessな副賞を検討していただいています!

問合せ

関西学院大学研究推進社会連携機構KGBPC事務局(kgbpc@kwansei.ac.jp)まで

このページの先頭に戻る