授業風景

「保育内容 表現A」
乳幼児期における生活や遊びの中での豊かな表現活動の体験は、自我を成長させ、他者との関係を築くとともに、感性や創造性・生きる力を育むうえでも重要な意味をもちます。
本科目では、乳幼児の発達をふまえ、保育・教育実践における表現の考え方や内容、援助のあり方を学びます。
保育内容 表現A

「子どもと言葉」

乳幼児期の言語的発達を踏まえ、保育における子どもの言葉によるコミュニケーション、絵本や物語などの児童文化材との関わり等の言葉に関わる保育内容の指導内容を
実践的に学びます。

授業風景 子どもと言葉

「基礎演習」
教育・保育の質は、単なる指導技術の習熟ではなく、保育者の人格こそが子どもの育ち に大きな影響を与えます。本科目では、保育者の仕事・役割等、保育に関する学びを通して、自らの資質を向上することが目的です。
授業風景 基礎演習

※写真は、関西学院幼稚園での「夕涼み会」の風景。


「保育指導法」
この科目では、子どもの特性を理解し、乳幼児期にふさわしい経験や活動をもたせてその心身がよりよく発達するよう助け、子どもが主体性をより発揮できるような保育実践をするために、保育者としてどのような工夫や援助・指導をする必要があるかを考え、実践する力を養うことを目的とします。
保育指導法

「社会的養護Ⅰ」
社会的養護の理解を深めるために、児童が児童福祉施設でどのようなケアを受けているか日常生活の支援、治療的支援、自立支援等の内容について具体的な演習をします。そして、個々の児童に応じた支援計画を作成する。また、児童の権利擁護や保育士の倫理についても具体的に学びます。
社会的養護内容

「子どもの健康と安全」
この科目では、保育実践における生命の保持と情緒の安定を図るための保健活動の重要性について学びます。子どもの疾病や事故の特徴とその予防について学び、適切な対応に関する技術を習得するとともに、保健活動の計画及び評価、子どもの心とからだの健康問題や地域保健活動についても理解できるよう演習を行います。
授業風景 子どもの健康と安全

「教育実習事前事後指導」
幼稚園での実習の事前の指導として、オリエン テーションをはじめ小グループでの話し合いなどをとおして、実習に向けての準備を行います。また実習後は、実習で体験したことの意味づけや自己評価を行い、それまでに獲得してきた保育観を発展させ、さらに保育者としての自覚の再確認および新たな自己課題の発見をめざします。
授業風景 教育実習事前事後指導

「保育実習Ⅱ」
保育所において保育実習(保育実習ⅠA 10日間、保育実習Ⅱ 10日間 保育所では延べ20日間の実習)をします。子どもと関わりながら実践するなかで、乳幼児への理解をさらに深め、保育所の機能や役割、保育士の職務内容等について学びます。直接、現職の保育士の指導を受け、指導計画を実践し、技術等を獲得します。
授業風景 保育実習Ⅱ

「保育実習Ⅱ事前事後指導」
保育所での実習である「保育実習Ⅰ−A」(10日間)「保育実習Ⅱ」(10日間) のための事前・事後指導の科目です。事前の指導では、オリエンテーションや討議等を通して、実習の準備を行う。事後の指導では、実習で体験したことの意味づけや自己評価、それまでに獲得してきた保育観の発展、保育者としての自覚の再確認、新たな課題発見などに取り組みます。
授業風景 保育実習Ⅱ事前事後指導

「情報処理論」
我々の生活にとって情報処理機器の登場はどのような意味をもつのでしょうか。様々な情報処理機器と情報ネットワーク環境成立の歴史、その仕組みと働き、利用法、生活の中での役割などについて学びます。
授業風景 情報処理論

「音楽Ⅰ」
本科目では、子どもの音楽的な表現活動を援助・展開するために必要な知識と技能を、ピアノ演奏と歌唱を中心として身につけ、それによって子どもの表現を主体としつつ自ら表現していく能力を養うことが目的です。
授業風景 音楽

「子どもと表現A」
講義では、人と美術、造形、表現の関わりなどについて学び、実習では、まず幼児が遊ぶ姿にいかに近付けるか、自らも幼児のように遊んだり、遊具を触ったりすることを通して幼児を見つめ直すことをテーマにしています。
授業風景 美術

「子どもと表現B」
この科目は、子どもの表現活動をより豊かにするために必要な知識や技術を習得することを目的としています。さまざまな表現活動を導く教材の作成をし、実際に実践をすることを通して、子どもの遊びやイメージをより豊かにし保育者としての感性を磨きます。子どもの場にふさわしい環境構成や保育の展開について学びます。
授業風景 保育表現技術Ⅳ