第61号-70号

[ 編集者:神学部・神学研究科       2019年3月28日   更新  ]

第66号(2019年3月)

                                第66号 2019.3
■特別寄稿
宗教における熱狂主義とその克服 ―使徒パウロの事例―
       ・・・ペトラ・フォン・ゲミュンデン/ゲルト・タイセン(東よしみ 訳)
■論文(査読付き)
レプラとエレファンティアシス
―ギリシャ語キリスト教文献における名辞上の混同の過程を中心に―  ・・・ 堀 忠
■論文
ルツ記1章における文学的技巧                  ・・・岩嵜 大悟
ラス・カサスの『聴罪規定』研究
―「平和的布教論」に対する「正義」の思想的影響―        ・・・青野 和彦
Emil Brunner’s "Mensch-von-Gott-her"
in the Context of Nazi Germany             ・・・Triebel Christian J.
■研究ノート
カトリック漢文文献における「敬天愛人」             ・・・ 桐藤 薫
■研究動向
ヘブライ語聖書における子ども研究の動向             ・・・ 井上 智

第65号(2018年3月)

    第65号 2018.3
■講演    
『97箇条の提題』
  -過激なアウグスティヌス主義者としてデビューしたルター-
・・・ 鈴木  浩
     
■論文    
ルター伝と宗教改革史叙述における「95か条の論題」
 (1517年10月31日)についての一考察
   ――20世紀以降のドイツにおける議論を中心に――
・・・ 小田部進一
The Eucharistic Controversy of the 1520s and the Doctrine
 of the Real Presence in Luther’s Theology
・・・ TRIEBEL Christian J.
アドルフ・フォン・ハルナックのルター理解 ・・・ 加納 和寛
告解をめぐる一考察:
  M. ルター『大教理問答』(1529)とD. ボンヘッファー
・・・ 橋本 祐樹
ロマ書1章17節bにおけるὁ δίκαιος(義人)は誰か? ・・・ 武久  盾
     
■人権研究    
人権概念の受容と日本プロテスタント・キリスト教
  -内村鑑三のルター受容とルター批判
・・・ 岩野 祐介
     
■書評    
浅野淳博著『ガラテヤ書簡』
 (NTJ新約聖書注解、日本キリスト教団出版局、2017年10月)
・・・ 東 よしみ
     
■報告    
第414回神学研究会(宗教改革500年記念)報告
  竹原創一「エラスムスとルターの自由意思論争
        -宗教改革の根本問題」
・・・ 土井 健司

第64号(2017年3月): 神田健次教授 退任記念号

    第64号 2017.3
感謝の言葉 ・・・ 神学部長 土井 健司
     
■講演    
イエスの思いで:目撃者証言と伝承 ・・・ リチャード・ボウカム
     
■論文(査読付き)    
ロマ書1章17節aのἐκ πίστεως εἰς πίστινの解釈について ・・・ 武久 盾
E. トゥルンアイゼンの「断絶線」をめぐる議論
  ―牧会学と心理学の緊張関係―
・・・ 家山 華子
     
■論文    
Öffentlichkeit und „Innerlichkeit”in 2Kor 3 ・・・ David WIDER
C.J.L.ベーツと賀川豊彦の関係についての一考察 ・・・ 趙 永哲
実践神学者D・ボンヘッファーの一断面
  :牧師研修所の講義に見る牧会の理解
・・・ 橋本 祐樹
松山高吉の女子教育論―巌本善治との比較を通して― ・・・ 神山 美奈子
三戸吉太郎とメソヂスト教会の日曜学校教育 ・・・ 小見 のぞみ
アングリカニズムと改革派教会神学の接点をめぐって
  ―ロイエンベルク合意と世界改革派教会
    -世界聖公会国際対話での議論を中心に―
・・・ 西原 廉太
J. P.キャンベルの東アジア宣教についての一考察 ・・・ 朴 賢淑
中国の少数民族におけるキリスト教受容に関する研究
  ―雲南省禄勧県イ族(彝族)の村落を中心に
・・・ 徐 亦猛
     
■人権研究    
包括的結婚式文の必要性と可能性 ・・・ 中道 基夫
     
■書評    
『なぜ神は悔いるのか-旧約的神観の深層』
  イェルク・イェレミアス著、関根清三(訳)
・・・ 井上 智
『救貧看護とフィランスロピア
  ―古代キリスト教におけるフィランスロピア論の生成―』
  土井健司著
・・・ 柳澤 田実
 

第63号(2016年3月)

第63号 2016.3
■講演    
犠牲の論理とキリスト教への問い ・・・ 高橋 哲哉
     
■論文(査読付き)    
武断統治期(1910-19年)における女性キリスト者の朝鮮理解 ・・・ 神山美奈子
  ―日本キリスト教婦人矯風会とYWCAを中心に―
     
■論文    
エルサレムの聖所起源物語としての創世記22章 ・・・ 岩嵜 大悟
  ―人身犠牲を語るヘブライ語聖書の物語との間テクスト的読み―
ヨハネ福音書4–6章における「しるし」と講話 ・・・ 東 よしみ
ユダヤ人とキリスト教徒は「同じ神の民」か? ・・・ 加納 和寛
  ―ラインラント福音主義州教会決議の35年―
『リマ文書』から共同研究『一つのバプテスマ』へ ・・・ 小林 和代
  ―バプテスマをめぐる議論とカトリック教会の貢献―

第62号(2015年3月)

第62号 2015.3
■論文    
「いつくしみとあわれみの神」 ・・・ 水野 隆一
  ―ヨナ書におけるヤハウェの描かれ方―
Selbstbezüglichkeit und Ich ・・・ WIDER David
  ―Standort in Röm 7, 7-25a
「キュプリアヌスの疫病」考 ・・・ 土井 健司
  ―古代キリスト教におけるフィランスロピア論のための予備的考察―
内村鑑三における二元論的思想の再考 ・・・ 岩野 祐介
オットー・ドライアーとアドルフ・フォン・ハルナック ・・・ 加納 和寛
  ―ドイツ「使徒信条論争」の一断面―
地域における薬物依存症から回復を望むHIV陽性者に対する牧会ケア ・・・ 榎本 てる子
  ―個人の魂の救いと社会正義の視点から―
第10回WCC総会に提示された二つの合意文書 ・・・ 神田 健次
  ―エキュメニカルな教会論と宣教論―
YMCA“Paris Basis”の日本における宣教論的意味 ・・・ 中道 基夫
「善い話」をやめる ・・・ 柳澤 田実
     
■研究ノート    
パリハカ ―非暴力・不服従抵抗の地― ・・・ 向井 考史
古代地中海世界の追放儀礼に関する一次文献の分類と解説 ・・・ 淺野 淳博
     
■座談会    
教会と神学部の集い~座談会~ ・・・ 神田 健次
     
■講演会    
キリスト教と医学・医療の密接なかかわり ・・・ 加藤 敏
  ―現代社会を考える一つの糸口として―
現代におけるディアコニアの可能性 ・・・ 西原 廉太
  ―アングリカニズムの宣教理解をてがかりとして―
人生の意味とキリスト教の未来 ・・・ 姜 尚 中

第61号(2014年3月)

第61号 2014.3
■論文    
神・ヤハウェ・使い―創世記22章における神的存在の文学的機能― ・・・ 岩嵜 大悟
「エデンの園の物語」とイザヤ書―「木」、「園」、 ・・・ 能勢 岳史
「イチジクの葉」の単語によって生まれる読みの変化―
マタイによる福音書21章43節におけるἔθνοςの指示内容について ・・・ 澤村 雅史
ヨハネ福音書1:19―51の救済思想―その提示方法を中心に― ・・・ 前川 裕 
Die Offenbarung des Sohnes „in“Paulus. ・・・ David Wider
Überlegungen zu Gal 1,15-17 und Gal 2,19-20
第二パウロと真正パウロ―新共同訳における対応箇所の翻訳問題―   ・・・ 辻 学
「ガリラヤ人」という呼称に関する考察 ・・・ 高橋 博厚
―ヨセフスとユリアヌスを中心に―
オリゲネスの殉教理解について ・・・ 梶原 直美 
―『殉教について』に関する一考察―
『告白録』における実存的abyssus ・・・ 文 禎顥
ラス・カサスの平和的布教観の発展史的研究 ・・・ 青野 和彦
―3通の書簡(1531、1534、1535年)の検討を中心に―
     
     
     
■人権研究    
家畜の顔・ヒトではないものの顔 ・・・ 柳澤 田実
―ユダヤ=キリスト教における動物の「顔」についての一試論―
     
■研究ノート    
新約外典文書におけるフィランスロピアの用例 ・・・ 土井 健司
N.B.ゲーンスの来日のきっかけについての一考察 ・・・ 前田 美和子
     
■講演会    
今、この日本でキリスト者であって、科学者であるとは ・・・ 小久保 正
どういうことか?
メソジストの精神と現代社会 ・・・ 清水 光雄